2018-03-13

詩織愛海の「らぶ!」」第21回放送緒方智絵里キス予兆の話書き起こし

詩織「この番組は海を愛する…… 瀬名詩織と」

愛海「お山を愛する棟方愛海が」

詩織「新たな愛を見つけるラブ発見型新感覚ラブリーラジオです」

愛海「この番組は磯端交流提供でお送ります


詩織「あのね…… あなたたちのユニットが夏の歌のMVを収録してたでしょ」

愛海「ええ、あたし、智絵里さん、里奈さん、志希さん、みくさんで収録してきました」

詩織「私ね…… 実は海が現場ときスタッフとしてお手伝いに行くのよ……」

愛海「あたしのお山好きも業ですけど、詩織さんの業ですね」

詩織「それでね、私その撮影の海まで行く電車の回数券もってたから…… 現場スタッフさんと合流することにしたの……」

愛海「回数券って最近まり聞かない響きですね」

詩織「まあ…… いいじゃない…… お得なのよ……」

愛海「それで、撮影のあたしは可愛かったですか? 可愛かったならご褒美に詩織さんのお山を!」

詩織「いやよ…… それでね…… その電車の中に高校生男女のカップルがいたのよ……」

愛海「それはお友達とかでなく、カップルだったんですか?」

詩織「ええ…… それは…… 話を聞いてもらえれば確定するわ

そのね…… 彼女の方がじゃれあうように、彼の肩をたたくの……」

愛海「微笑ましいスキンシップじゃないですか。

ちなみに、346プロアイドルでいいとどなたに似てます?」

詩織「……うーん、そうね、杏ちゃんかしら」

愛海「えいえい! 怒った? 的なノリですかね」

詩織杏ちゃんも、杏ちゃんの外の人もそのセリフは言わないけど、まあそんな感じね……」

ところがね…… 彼の方はうっとおしくおもってるみたいで…… すごいそっけない態度をとるの……」

愛海「あたしなら杏さんからスキンシップ嬉しいです! お返しにあたしも杏山をおのぼりしたい!」

詩織「ところが、なかなか彼女が肩を叩くのをやめなくて……

それが彼と彼女たちの中の『だけのノリ』なのかはわからないのだけど…

何度か続いたあと……

彼氏さんがいきなり『ぶちゅー』と……」

愛海「き、き、キスですか!?

詩織「そうなのよ…… 公衆面前で…… 路上チューよ…… 路駐よ……」

愛海電車の中でしたよね?」

詩織「まあ…… そうだけども……」

愛海「それにしても、その肩を叩くのがキス予兆だったのは驚きですね」

詩織「……まあ、あたなはわかってても、ちゃんラジオのノリを意識してくれるから好きよ……」

愛海はい?」

詩織「いいわ…… それでその驚きも冷めやらぬまま…… MV撮影のお手伝いに現場に入ったのね……

それであなたたち演者さんに挨拶しようと、あなたたちが待機しているバスあったでしょ?」

愛海「そうですね、海なので楽屋とかがないから、バスで着替えたりしてました」

詩織「そのバスに私が入ったら、智絵里ちゃんが……」

愛海「いつも通りでしたよ?」

詩織「……あなたにチョップしてたじゃない」

愛海「……はい?」

詩織あなたの…… 肩を…… チョップしてたじゃない……」

愛海ツッコミでしょ? あったかもしれないですけど、よくありますよ?」

詩織「私もうさっきの路チュー脳裏に焼き付いてたから、智絵里ちゃん愛海ちゃんキス要求してるかと……」

愛海「いやいやいやいやいや!

カップルがそのルールのもとに生きているわけじゃないですから!!!詩織さんが見たカップルたちの『だけのノリ』であって!」

詩織カップルなの?」

愛海「違いますけど」

詩織「ふーん……」

愛海「そうやって外堀を……」

詩織「ちなみにこの『だけのノリ』というのは、東京03さんの有名なコントタイトルよ……」

愛海「もーー!」

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん