2018-02-18

幸せにならない結婚式

知人よりは親しいが、親友という程でもない、友人の結婚式が終わった。

自分ムービー制作、余興、ウェルカムボード作成などを頼まれてやった。

毎日定時に帰れる職種ではないので、無理だと断ったけど、どうしても!と強引に言われ、結局引き受けた。

余興メンバーとの連絡やり取り、新婦から要望すり合わせ、メンバー備品発注スケジュール管理材料調達動画ボード作成時間。余興の練習

2ヶ月分の土日は丸々潰れたし、材料費交通費練習スタジオ代もそれなりにかかった。その間、他の余興メンバー意見の食い違いがあったり、新婦要望の多さなどを巡って何度も喧嘩した。

当日は朝早くから美容院でヘアメイクをし、安くないご祝儀を払い、余興があったので飲まず食わずのまま裏方で待機。

裏方に居たのでムービーを見ることも、挨拶も、両親へのメッセージなど聞くこともなく、笑顔見世物に徹した。

新郎新婦とはろくに会話もできないまま、おめでとうと声をかけ、なんとなく写真を撮り、終了。

感謝言葉はもらった。お礼の菓子折りも頂いた。でも、失ったものが多すぎて切なくなる。

ムービーって、余興って、用意するのにどのくらいのお金が、時間が、労力が、精神力がかかるのか知っているのだろうか。

ただの安い労働力かつ賑やかしのピエロとして使われた印象しか残らない。

結婚報告を聞きた時、おめでとうと祝う気持ちは確かにあった。

今は、もうわからない。

とりあえず、この式に参加することで、自分は不幸になったと思う。

  • anond:20180218224408

    じゃあ結婚式で言えばいいだろ! てめーらのせいで俺は不幸になった! 慰謝料払えやってな。 愚痴ってないでさっさと寝ろ!

  • anond:20180218224408

    個人的に、結婚式でゲスト側が準備するムービーやら余興やらは、完全に技術力の搾取、やり甲斐搾取。 それも、ご祝儀を払わせた上での。 通常、結婚式は断りにくいイベントの代表格...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん