2017-03-27

死んでも代わりはいくらでもいるという現実

上司が死にました。

突然でした。

会社に来たら「昨晩亡くなりました」と。

隣のチームの上司だったけど、大して仲良くもなく、仕事で絡むこともなく、それまで会話という会話はしたことがないけれども、それでもやはり驚きました。

過労死ではないとは思うけども、そこそこ多忙仕事でした。

月に2回程度の国内出張に、3ヶ月に1度くらいの休日出勤代休なし)、残業時間は月60時間くらいでした。

いわゆる過労死判定される80時間には届いていないので、過労死と訴えられることはないと思う。

それだけ働いていた人だから、さぞいなくなったあとは大変だろうと思われるだろうけども、

確かに後任の人が来てその人が慣れるまでの一ヶ月くらいは同じチームの人たちは大変そうだったけども、

後任の人が慣れてからは「亡くなった」という事実すら忘れ去られるくらいに何事もなく仕事が回るようになった。

結局、どこかのアニメであったセリフ、「私が死んでも、代わりはいもの」は真理なのだ

余程名の売れている漫画家とかスポーツ選手とか芸能人でもなく、単なるサラリーマンである場合は、その人の仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいるのだ。

から仕事のために無理をしてプライベート健康犠牲にしたりするのは無駄以外の何者でもない。

「この仕事は俺にしかできないんだ!( ー`дー´)キリッ」などといって、気張って無理をするのもいいけれど、結局自己満足で、自分しかできない仕事なんてそうそうこの世の中にはない。

遊んだり、家族時間を過ごしたり、友達と笑ったり…そういう時間は、自分しか過ごすことのできないかけがえのない時間だ。

仕事プライベート、どちらが大事なの?」なんていう、使い古された命題は、

死んだあとも何事もなかったかのように回る職場を見て一定の答えを得た気がする。

本当に、上司は死んだんだろうか。

上司が死んだと思っているのはその上司家族だけなのではないだろうか。

同僚である私達にとっては、後任の人が普通にその上司がやっていた仕事をこなしてくれているので、

上司が死んだ」のではなく「上司が異動した」という感覚しかならない。

あんたが死んでも代わりはいもの

「私が死んでも代わりはいもの

人間なんて、そんなもんだよなー。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170327190718
  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    いたほうが安心だろ

  • 死んでも気づかれない人

    代わりが考えてもらえるだけマシじゃない? だってその役割をその人が果たしていたという証拠になるでしょう? 家で引きこもってそのまま死んだ人は誰からも気づかれやしない。 仮...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    誰かが死んでも代わりはいるなら、 そいつが生きた証はどこで残せば良いのか? ああレゾンデートル

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    視野が狭いね。若いのかな?仕事はね、遊びであり、楽しみであり、趣味なんだよ。 「仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいる」ってのは当然だとし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    キーパーソンが他者に引き抜かれたら経営立ち行かなくなって事業ごと売り払った会社に昔いたのでなんとも言えない。

  • 上司が死んだ責任は誰にも無い

    http://anond.hatelabo.jp/20170327190718 代わりがいるのは別に悪いことでは無いでしょ。 代わりが用意できるのは会社や社会がうまく回っている証拠。 用意できなかったら今度は誰かが困るだけ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    「本人が充実した人生を送るか」が大事。 自分自身で選んできたものが「生きた証」になる。 仕事は大抵「死んでも代わりがいる」ので もしかしたら、生きた証と感じにくいのかもし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    そうだな。抜けた穴より有能な代わりが入ってくればな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

    組織ってのはまさにそのためにあるんでな リスク分散のための手段にすぎんわけよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん