2015-01-31

慶應義塾大学未成年飲酒事件とクソみたいな炎上防止テク

問題を起こした人物が炎上防止のために、謝罪文テキストではなく画像で公開する手法蔓延している。

そんな風潮に嫌気が差している訳だが、なんと天下の慶應義塾大学までもがこの手法を用いて未成年飲酒事件を起こしたサークルに対する処分告示をしたのだ。

慶應義塾大学-塾生HP-【告示】学生団体の処分(1月30日)について2

時期的にも「イスラム国の件に世間が大騒ぎしている隙に...」という魂胆が見え見え。まるで正月結婚を発表する芸能人のようだ。

蔓延する炎上対策に一石を投じるべく、告示テキストに書き起こした。決して当該サークルに対する私怨などではない。

 この度、公認学生団体のF.C.ONZEが、「学生団体は、本塾の教育目的に添うもの」と定めた「学生団体、集会および掲示等に関する規程」の第一条にもとる行為に及んだことが確認されました。これを受け、同規定六条に基づき、平成二十七年一月三十日付で同団体に解散を命じました。


 平成二十六年十二月二十日から二十一日にかけ、同団体大会出場のために滞在していた宿泊施設において、懇親会を行いました。その後、泥酔した一部の会員が、無関係の同宿者の部屋に侵入し、そのまま寝込むという事態が生起しました。加えて、宿舎の共用部で騒ぎ立てる、備品を破損する、嘔吐により施設を汚損するなど、著しく品位を欠く行為も多数報告されています。周囲に対し、恐怖と不安不快感を与えたこれらの行為は、決して許されるものではありません。

 さらに、懇親会では未成年の会員六名違法行為である飲酒に及んだことや、イッキ飲み、コールによる飲酒があったことも判明しています学生責任者は、これらの行為を防止すると誓約しながら、何らの手立ても講じていませんでした。その態度は極めて不誠実であるといわざるを得ません。


 再三の注意喚起、警告のとおり、未成年飲酒飲酒による不適切行為に対し、慶應義塾は断固たる態度で臨みます

 すべての塾生諸君自身の行動を振り返り、こうした事態を二度と惹き起こすことのないよう、切に望みます


平成二十七年一月三十日

塾長 清家 篤

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん