2013-02-24

看護学校になんて入らなければよかった

手に職をつけなきゃ世の中わたっていけない気がして男20代で看護学生になった。でももうつらくなってきた。

1年生のときは楽しかった。

女のこばかりに囲まれていい気分だった。男は数少ない同士として友情を深められる気がした。

大学卒業して数年、また学生に戻れたという楽しさもあった。入学難易度は高くない看護学校から皆基礎学力は皆無。頑張らなくても成績は上の方。こんな楽しいことはない。

1年生の後半からまらなくなってきた。

女のこの嫌な部分しか見えなくなってきた。女が集まれば誰かの悪口を言うばかり。さっきまで一緒にいた子がお手洗いにと席を外した瞬間に、皆でその子の悪口を言い出す。女同士で盛り上がってるのは下品なセックスの話ばかり。やたらタバコを吸い出すのが多くなる。風俗やらキャバクラで働くことに誇りを持って自慢しちゃうようなのとか。まとな女が少ない気がするわけ。

男は、特に20代や30代で入学してきたようなのは社会ドロップアウトしてきた人間ばかりなわけで皆一癖ある。その場では楽しく仲良くできても、それ以上のまともな付き合いは望めない気がしてくる。それでも1人2人の深い仲を築こうと思って疲れる。

勉強は、なんか看護理論とかゆう訳わからないのが始まって、もう意味からなさすぎてついていけないわけ。

2年になって実習が多くなるの。

すると学校では笑顔だった教員が実習先の病院で豹変すんの。

実習先にでれば教員1人だけだから、もうそ教員王様なわけ。

なにか勘違いした教員に当たればもう地獄スパルタ式に学生が泣くまで詰り倒すわけ。

男だと心にショックは受けてもなかなか泣かないでしょ。するとまだ足りないと思われるのか1日中ひっついてきて言葉暴力ふるわれ続けるわけ。男だから涙は出ないけど、もう心のダメージはわんわん泣いちゃう女のこ以上に負ってるるんじゃないかと。

実習から帰宅後、山のような記録を書き続けて睡眠時間全然とれやしない。心のダメージのせいか記録を書くスピードが乗らない。気が乗らないだけならいいけど、机にむかっても何も書けないまま1時間とか普通にたつこともある。これね、鬱病じゃないの。昔働いてる時になったから、その時そっくりの症状。

それでもなんとか2週間そこらの実習を終えて実習グループメンバーとの結束が深まるわけ。

学校に戻れば、また平和だけどつまらない学校生活が始まるけど、また時がたてば実習が始まっちゃう。気が重い。

看護学校なんて面白くないよ。

看護師になるために、たった3年だけ我慢しようと思ったよ。

でももう疲れたよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん