2022-05-24

増田のヌシによる増田脱出

相当ハマっとるようじゃな、若いの。増田古老じゃ。

このままじゃ増田はてブを行き来して一日が終わってしま

作業しなきゃなのに

助けて

増田10年 やっとるワシも、幾度となく沼を経験してきた。

その度に増田存在を憎んだものじゃが、あるとき脱出方法を思いついて以来、悩みから解放されたのじゃ。増田は、人の時間を喰らうバケモノから、やりたいときにやればええ、気楽な娯楽に戻った。

その方法とは——… 気合を入れて増田を書くことじゃ。

ありったけの技巧を込めて、増田で積んだすべての経験を活かすべく、本気で増田を書く。

まずはテーマの選定に気合を入れる。皆が興味のある話題を選んでいるか。その分野で高い解像度を発揮できるか。

読者に伝えたい内容が目に留まるようバランスに注意を払って、構成を練るのじゃ。

草稿が出来上がったら、編集プロセスに入る。

タイトルは頭に入りやすいかタイトルだけ読む連中も祭りに加われるような軽さがあるか。冒頭に引き込むようなフックはあるか。

説得力を持たせるための権威づけはあるか。自分の強みを明かしているか。逆に無意味マウンティングはないか

言わんでええことまで言ってないか、すなわち、ブックマーカーの「まとめ作業」をおのれが代行するような愚を犯してないか

聞き慣れないフレーズ慣用表現に置き換えて。読み飛ばしてもいいパートはそうだと判りやすくするんじゃ。

同じ単語の繰り返しはないか、指示語は最小限か、「だが」などの否定語は極力削られているか、語尾は多彩になっておるか。文章リズム感は十分か。

末尾にスルーされないための、何かひとこと言いたくなるような煽りはあるか。

すべてのチェックを終えたら、再び最初に戻って検討し直す。何度も何度も繰り返す。

最高傑作を生み出すべく、情熱を注ぎ込むのじゃ。ひとつ増田を書くのに 12時間 かけてええ。

そして、投稿しない。寝かせておく。

これが増田を止めるコツじゃよ。

anond:20220524144450

記事への反応 -
  • このままじゃ増田とはてブを行き来して一日が終わってしまう 作業しなきゃなのに 助けて   よし15時から進捗会議な! はてブ読んでその後ふて寝して気付かなかった おはよう   ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん