2014-11-29

デジタル技術検定について

デジタル技術検定とは:

http://digital-kentei.com/

 

この「国際文化カレッジ」って、どんな組織なんですか。

 

第49回の試験が先週有った。年2回という事だから、25年ぐらいの歴史のある検定試験という事なのか。

2級制御を受けてみて、まぁ、それなりにこんなもんか、と思われる所もあるのだけれども、どうしても我慢ならない事を言わせてほしい。

 

(1) 同期回路設計に関する知識が、出題範囲に含まれない!

びっくりだね。過去問にも1つも出てこないし、今回も無し。私の場合、独学と会社講習会勉強した。確かに学校では習わなかったが、デジタル回路に関する学科で、現在も未だに同期回路設計の考え方を教えてない学校があるのかしらん?嘘でしょ?

考えてみると、末端の回路設計者に於いて非同期設計普通だった時代から、同期設計が主流に切り替わった時期というのが、だいたい25年ぐらい前なのな。20年前の時点で、少なくとも自分の周りでは「非同期設計禁止!」だった。それが驚いたね。未だに数年前の過去問でTフリップフロップとか出てくるし、2014年の試験問題でRSフリップフロップが出てきちゃったよ。あのな、15年前にはもう、Dフリップフロップ以外、使用禁止になってるからな。過去歴史勉強する上で、まずい設計の引き合いに出されるのならともかく、まるでそれが今も現役であるかのようにRSフリップフロップが出題されるって、これに金払ってる人に対する詐欺だと思うよ。どれぐらいイケてないかって、N88-BASICGOTO文が試験に出てくるぐらいのレベルでイケてない。例えが古すぎて若い人には意味わからんレベル。そんなのが未だに出題されてるんだぜ。

 

(2) GHz帯の高周波を取り扱う為に必要な基礎知識が出題範囲に含まれない!

日本デジタルICが総崩れで海外惨敗する結果になった敗因の1つがこれだと思うんだが、未だにその反省が無いのな。マクスウェルの電磁方程式完璧マスターしろとは言わないまでも、同軸ケーブルとかインピーダンスマッチングの意義とか、マイクロストリップライン基本的な考え方ぐらいは出題範囲に含まれてないと、今どき戦えないよ。

 

日本の失われた20年が、こんな所にも有ったよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん