「Gコン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Gコンとは

2014-07-27

ラノベ

先日、電撃大賞の一次結果が発表された。

嬉しいことに、その中に名前があった。いつもなら憂鬱な週末も今週ばかりは鼻歌交じりだ。こうやって危険文章だって書いてしまう。

年に一作小説を書き、それを電撃大賞に応募する。これは私の趣味だ。1年かけて1作を書く。職業作家ではこうはいかないだろう、と思う。始めて応募したとき院試最中に逃げるように書いた小説だった。当時ある電撃文庫の一冊に影響されて、あこがれだけが動機だった。せっかくなので応募し、院試の結果よりも気になったのを覚えている。それから数年、十数年。毎年毎年ひとつかいては応募する、を繰り返している。不思議なことに、複数完成させ、その中から選ぶ、ということはない。書き上げられるのはひとつだけだ。

数年来使っているペンネームと、愛着のあるタイトルが並んで表記された結果が誇らしい。私はまずタイトルありきだ。書きたい場面を思いつき、そこからタイトルを考える。タイトルがきまった手ごたえがあると、ソリティアが終わったかのように最初から最後まですべて決まる。この瞬間はいつだった身震いする。あとは梗概を完成させ、必要な資料をそろえて、読み込み、最終原稿を書くだけだ。これは6年間(というか最後半年)で培った論文でっち上げ技術だと思う。先生、あの時の経験は今に生きています

5000を超える応募作が半年もたたずに1割になる。そのからさらに減らされていき、受賞作が決まる。どこまで行けるかわからない。この楽しみは別格だ。今、日本でこれを感じているのは600人たらずだと思うと、全員と酒を飲みたい気持ちが湧いてくる。

でも万が一二次を通過しちゃっても増田は書かないだろうけど。

増田と言えば。先日「猫の地球儀」を引用したそれがあった。前述の電撃文庫の一冊は「EGコンバット」だ。不思議な縁を感じる。

そして「EGコンバットファイナル」と作家デビューとどちらが早いだろうか。たぶん、引き分けだろうと思っている。

2007-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20071018133236

読書量のたいしたことない俺だけど、

秋山瑞人は、イリヤもわるくないがEGコンバットじゃないかしらんと。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん