2021-05-14

anond:20210514171426

『Dr. STONE』には寄り道エピソード的に「食の改善」ターンがあるんだけど、さすがに考証がしっかりしてて、前農耕期の採集狩猟文化に近い村落社会で穀類(高純度炭水化物)を栽培させる、砂糖を作る、メイラード反応を積極的に使う、などの手法を持ち込む…という流れでそのあたりを描写していた。このへんは、おそらくまだ接したことのない人類であれば十中八九「今までに食べたことがない美味しいもの」と感受され感動されると思う。特に糖。動物だって感応するものなんだから人間だって好きになるに決まってる。

望郷太郎』では、主人公が野生の蕎麦を麺にして動物性の出汁にひたして食べる、という料理を同じく狩猟採集文化から農耕文化への移行期の奴隷仲間に振る舞う、という表現があって、これも味蕾にグルタミン酸受容体があることを考えればまあまあ割と説得力あるかなって。

未開の連中に高純度な炭水化物・糖・アミノ酸・メイラード反応などをガツンとぶつける、ってレベルを超えた「現代的な美味しい料理」の導入は、文化文脈によってはぜんぜん受け付けられない可能性も高いと思う。そもそも現代日本人世界的に見ても味覚に関する許容度・好奇心が相当強いほうだと思う。これまで自分滞在したことのある発展途上国の大半では、一般市民の多くは「食べたことのない料理を食べてみたい/試してみてもいい」という意識を持ってなかった。

記事への反応 -
  • 近所にあるインド人が作る本場のカレー屋さんに食べに行って「なにこれ味ヤバwww変な味wwwww」ってなったんだけど、そりゃ日本食の味に慣れてる舌で全く違う文化圏の料理...

    • 『Dr. STONE』には寄り道エピソード的に「食の改善」ターンがあるんだけど、さすがに考証がしっかりしてて、前農耕期の採集狩猟文化に近い村落社会で穀類(高純度炭水化物)を栽培さ...

      • おっとドイツ人の味覚嗜好Disりはそこまでだ

      • 蕎麦って手で食うんか?未開人に食わせるものとして一番難易度高いまであると思うんだが。

        • ソバガキかクレープかで

        • 蕎麦はもともと歴史的には小麦より前から世界各地で食べられていて、小麦の栽培が主流化したあとも救荒植物として重宝されていたという経緯もあり、ヨーロッパの一部を含むユーラ...

    • インド人も素人からレストランのシェフまでいろいろやからな

    • 感性と馴染みとしか。 チョコレートも牛の血が入ってるからだめだとか難色を示した人が多かったと言うしね。 文化によっては延々と受け入れられない世代とか、世代層もあると思う。...

    • とりあえず異世界人の代謝が人間と大差ないなら油と塩と砂糖でブーストすればそこまで失敗しないんじゃね?

    • そりゃ日本食の味に慣れてる舌で全く違う文化圏の料理食って 日本ってその辺結構色んな文化圏の料理を取り入れて、日常的に食べるようになってるから、そこまで不味い現地料理っ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん