2019-02-24

大学生卒業論文っていったい何の意味があるの?

世の中の大学生ってその大半が大学卒業する時に卒業論文を修めるんでしょ?

その卒業論文っていうのは1年近くかけて学生一人一人がそれぞれ固有の研究テーマを定めて研究を行いその結果をレポートにまとめたものなんでしょう?

まり毎年卒業する大学生の数だけ固有の研究成果が生まれてるわけでしょ?

でもその学生達の研究成果の99.9%くらいは既存常識を覆すような新技術発明や新物質発見とかじゃないんだよね?

それは例えるならips細胞とかニュートリノとかそういうやつね。

じゃあさ、その99.9%の学生達の卒業論文ってそもそもどういうものなの?

そしてそれは学問的にそれぞれどういう意義があるの?

別に煽ってるわけじゃないんだけど、自分は低偏差値高卒大学レポートを書いた経験もなければまして研究なんてけの字も携わったことのない無学な人間なので単純に想像するのが難しいんだよね。

文系学問のさ、心理学とか経済学とかそれこそ文学部なんかは割りと今まで誰も着眼してこなかった様なニッチ研究余地がありそうだからさ。

学術的な価値がどこまであるかは置いといても学生でもそれなりに唯一無二の論文を書けそうな気はするんだよね。

それに比べると理系学問数学物理学なんかは先行研究によって不動の理論知識が固まってそうだから学生論文も単純に先行研究の成果を準えたり再検証したりするだけってことになりそう。

俺の勝手イメージだけど文系の方が卒業論文研究をしてて楽しそうだなと思う。

まあこんな感じで大学出てない俺の卒業論文に対するイメージはめちゃくちゃ抽象的なのでその意義が理解できないんだよね

強いて想像するなら大学院に進んで本格的に研究者の道に進む学生らにとっては本格的な研究練習になる、的な?

うーん分からない。

  • anond:20190224013321

    めんどくさいから一つだけ答えるが ほとんどの卒論は既存研究に何か付け足したくらいで価値はない

  • anond:20190224013321

    理系学問の指摘は一部当たってて、数学科は普通は卒業研究がないんだよな もはや学部生でどうこうできるレベルじゃないから 「数学の修得には時間がかかる」ことの概説 http://kazune-...

  • anond:20190224013321

    鍛冶職人が初めて作る包丁みたいなもん それ単体は役に立つことも立たんこともある 学士論文や一行論文でノーベル賞とか取るやつもいるが

    • anond:20190224144724

      あと欧米だと日本より遥かに形式への帰属が重視されるので本当に中身が無くても体制に服従できることを証明することに意味がある

  • anond:20190224013321

    計画立案して遂行することに意義があるから ほうれんそうも学べるので奴隷製作にもってこい

  • anond:20190224013321

    院生ですが、私見で書かせて頂きます。 まず一般論ですが、卒論は原則学術的な価値はありません。それより上の、大学院2年生が書く修士論文ですら、学術的根拠(この論文にこう書い...

  • 部下を無意味なことに動員するのが日本の支配者聖帝サウザー様の喜びなのだ

    anond:20190224013321 面接でも何に配慮したら合格か不明だから全方位に向けて面接官や関係者に媚びる就活生を上から見下ろすのが楽しいんだろ

  • anond:20190224013321

    文章を書く訓練にはなるでしょ

  • anond:20190224013321

    自分の興味・関心の方向性を知る土台とはなる。既存研究の中で新たな発見を付け足せることは微量だけれど、事例研究にまでフェイズを落とせばやる事は山ほどある。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん