2013-04-14

一人で何十人も斬り倒す…常軌を逸した時代劇ドラマ打ち切りに=日本

元記事 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0413&f=national_0413_005.shtml

 ショーグン(江戸時代日本の最高権力者)らしき人物が、襲いかかる悪人数十人を次々に斬り倒し、部下に殺害させた後、笑みを浮かべる――同シーンの演出については、日本ネット上では吉宗強すぎwww」「剣術リアル日本刀構造無視している」などといった批判の声があがった。同番組は「レギュラー放送終了」という名目事実上打ち切りとなっている。

 しかし、時代劇ドラマの行き過ぎた演出はこれだけではない。天下の副ショーグンが少数の部下だけで長期間全国を漫遊したり、地球滅亡レベルの巨大隕石江戸期の東京郊外に落下するなど、なかなか想像を超えるものばかりだ。

 解説員の鈴木千帆氏は「エンターテイメント性を追求するあまり時代劇ドラマでは歴史事実の描写はすでに影も形もなくなってしまった。これは実に愚かな行為である。このような過剰演出が氾濫し、ますます幼稚化する傾向は、青少年に大きな悪影響を及ぼす」と指摘した。

  代々Gアニメーション学院映画科の副教授は「芸術生活から生まれ、生活を超越するものでなかればならない」と言うが、時代劇ドラマもこの真理に当てはまるのか。時代劇ドラマの内容には限度が必要ではないだろうか。タイムスリップして「仮面ライダー」というバイクに乗った現代ヒーロー江戸時代のショーグンが共闘するような行き過ぎた演出は、荒唐無稽であり、もてはやされるべきものではない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん