2019-01-29

超能力者が語る洋菓子店事故

超能力者世界中のいたるところにいる。超能力者はあらゆる物事透視できるが、聞こえた内容をそのまま喋れば名誉毀損になりかねない。そういうわけで、自分超能力者だと名乗りでない者も多い。

そんななか、増田埼玉県川越市超能力者インタビューすることに成功した。

なお、このインタビューの内容が事実かどうかについてはそっ閉じしていただけると幸いである。

菓子店に車突入、今月2度目の被害 4日前に再開の矢先

https://www.asahi.com/articles/ASM1X55KMM1XONFB011.html

──1ヶ月の間に2度、洋菓子店自動車突っ込みました。これはヤクザ仕業なのでしょうか。

ヤクザはいつもそういうことをやっているでしょう。普通なら、ただのボケ老人による事故だと思わせてやると思うわ。二度も突っ込んだのは、ヤクザに睨まれている店だということをアピールする意図があったんじゃないかしら。普通に考えれば、ヤクザにかなり恨まれていたということなんでしょう。私が透視したら『この店の店主もかなり心がけが悪かった』という神の声が聞こえたけれど、それ現実では口が裂けても言えないわ。」

──情報源は守りますのでご安心ください。ところで突っ込んだ二人の老人はやはり凶悪人物なのでしょうか。

「ただの一般人じゃないかしら?」

──は?

一般人ヤクザに『ボケ老人のフリをして車を突っ込ませるからお金ください』って言ったらどうなると思う?素でそんなことを言ったらゆすりのネタになって骨までしゃぶられるだろうけれど、そうなっていないところを見ると隠語やほのめかしを使ったんじゃないかしら。ヤクザとしても面白いからやらせてみようとは思ったけれど、何か試練も与えようと思ったのよ。」

──試練と言いますと。

「これが新聞沙汰になったら誰でもヤクザのたぐいが関わっていると思うでしょう。警察最初事故を起こしたババアのところにあらためて話を聞きにいってもおかしくないわよ。天下の晒し者になって口を割らないかどうかまでが試練ね。二度目に突っ込んだジジイ、二度目の事故とは知らなかったんじゃないかしら。」

──なるほど。

「これ以上喋ると本当に名誉毀損になりそうだからやめておきます絶対に私が誰なのか口を割らないように。喋ったら殺すわよ。いいわね。」

──ありがとうございました。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん