2018-11-17

移民を入れて健康保険を維持しようという悪手

移民を入れたい理由に一つに、生産年齢人口の減少による健康保険破綻懸念がある。生産年齢人口が減れば支えきれないか単純労働外国人や定住者を増やそうというものである

そもそも、暗黙に低賃金になると思われる「一種」の外国人を入れて健康保険は持つのか。いや逆効果だ。低賃金日本に住んだ外国人ドイツでいうトルコ人のように日本から帰らず住み着く。すると保険を利用する側になる。払ってもらった保険料より多く医療を利用する潜在人口になる。よって増やせば増やすほど逆効果だ。

そもそも健康保険は標準報酬月額により月々の支払額が変わる。

月の給料あたりの支払額(合計)を右側に記す。

150000で14850円

200000で19800円

250000で25740円

300000で29700円

400000で40590円

外国人労働者はどの水準での給料になるんだろうか。一種技能実習生代替だと言われているし、月収が高いレンジになるとは思えない。そして今回対象になったのは年収が上がりにくい職業ばかり。健康保険料はそれほど払わない。将来二種になって家族を呼び子供が何度か病院にかかったり本人が整形外科に通院でもすれば赤字である

じゃあどうすればいいのか。

参考に現在の若手の年収中央値を調べてみた。

25歳の年収中央値が250万から310万 月給だと19万くらい

30歳年収中央値は300万から350万だそうで、月給だと25万くらい

35歳年収中央値が350万から410万 月収だと27万くらい

東京都は高く、沖縄は安いなどの地域差があるので思いのほか若手の給料は安いという印象だ。

現在は若年層の年収が少ないので保険料の払いが少ない。

とりあえず、若者年収が今の倍になったら健康保険については多少緩和されないか

若者の人数は少ないので将来医療を利用する人数も、移民を入れるより少ない。

日本社会主義ではないので国が若手の給料コントロールできない。だがせっかく生産年齢人口が減ることにより希少価値が上がった若手人材を、外国人労働者を入れることで安くしようとするのは悪手だと思う。

今後人間が足りないところは積極的自動化し、人間価値見直し給料を高くするこれをうまくやれば問題解決できそうな気がするんだが。

  • anond:20181117102622

    そう。移民を入れるとむしろデメリットのほうがでかい。 自動化も当然設備投資が必要だがそちらを抑える効果もある。 賃金の上昇も抑えられ、金回り(貨幣の流通速度)も抑えられる...

  • anond:20181117102622

    移民入れたいやつは給料を上げたくない経営者だし、機械化したくない経営者だから。 国の将来より、自分がどれだけ儲けルカしか頭にないよ

    • anond:20181117113106

      まだアグレッシブに儲けに突き進んで設備投資をするならともかく、 1990年台に新自由主義に転換してからは、純固定資本形成(=設備投資の増加)はだだ下がりで、現在ゼロ近郊。 何...

      • anond:20181117113648

        法人税減税していいことってあった?海外からの参入を増やしたいってのが戦略? 海外からAmazonみたいなの参入してもほとんど本国に利益が行って意味ないっていうよね。 国内で消費...

    • anond:20181117113106

      仕事見つかりそうか

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん