2018-03-02

もうすぐ春だ、女の話をしよう

職場のいけすかねぇ女の話だ。

会社員としてはとても有能。敵も全く作らない。(どちらかと言うと同性の敵を作りがちらしいが(本人談)

、うちの職場には女性が少ないので無問題。)

基本的に腰が低いスタイル。ゆえにマウントされがちだが、マウントするようなやつには反撃を入れるらしい。

他人に対して気を使いすぎて疲弊するため週末は家に引きこもる。本人曰くコミュ障らしい。

基本上司には媚を売る。露骨なほど。 1番偉い人には甘い声で囁きチョコレートを与え笑顔を振りまき行く所々へお供するスタイル

ただ人当たりの良さと頭の良さで将来は約束されている。よくする髪型ポニーテールの29歳。

その女なんだが、俺の目の前にここ半年ばかり座っているわけだ。

最初の3ヶ月は先輩A(31歳)の隣に座ってマンツーマン仕事を教えてもらっていた。

んで毎日こいつらいちゃついていた。

「先輩って髪長い方が可愛いですよね」

ゾンビみたいに加工できるアプリがあるんですよー、写メ撮っていいですか?」

Aもまんざらでは無いようでニヤニヤしている。

そんなやりとりを目の前で毎日3ヶ月やられたら、さすがにこっちも疲れる。

疲れるけど何も言わない。

Aが移店になった時、

「先輩行っちゃうのやだー、明日からほんとやだー!」

職場で出しちゃいけないような声を女は出していた。

それを目の前できかされる俺の身にもなってくれ。

そしてAは別店舗へと去っていった。彼が愛用していた備品は女に預けて。

で、問題はここからなんだが。

増田を読んでるはてなーの皆さんもお気づきかもしれんが、この女めちゃくちゃプライド高い自分大好き女なわけです。

ただそれを他人には見せない、見えないよう演出してるわけで。

そんな女が恋をすると、どうやら好き避けをするらしい。

その後Aと飲み会が何回かあったんだが、女のAへの態度は一貫していた。

女が幹事だったのに、Aにだけはフォローアップの連絡なし。最初事務的メールだけ。

Aは俺に当日開始時間を聞いてきた。

飲み会中も女はAにだけは話かけない。最初挨拶以外は全く。

逆に周りの男には過剰な位サービスする。

俺がその時のAだったら、あー嫌われたのかなあって思っただろうなぁ。

でそのAなんだが、生い立ちがあまりよろしくなくて、

会話が全くない家庭で育ったらしく(本人談)、表情が乏しい。

後輩の面倒見はいいんだが、上司に甘えるのが下手。

将来は早く死にたい、が口癖。寡黙。シャイ

親の愛情が足りてなかったのかなあ、と思わせるような人である

俺は、Aには溢れんばかりの愛情が与えられるべきだったし、それは今からでも遅くないと思うんだ。

それでこの女にはそれができると一瞬思ったんだが。期待していたんだが。

どうやらそれは叶わないらしく、俺は悲しい。

とても悲しいのだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん