2016-10-26

[] #4「ハロウィン作戦」(後編)

そしてハロウィン当日。

まずミミセンだが、耳のよすぎるあいつは、世の中の多すぎる雑音が嫌いで耳栓普段つけている。

まりミミセンがないとあいつの普段パフォーマンスは著しく落ちる。

入浴時などの耳栓を外している僅かな隙を狙って奪取、自宅にあるスペアも回収し、買いに行くにも取り扱っている店はこの日は休業だ。

そしてタオナケだが、あいつの超能力10回に1回成功する程度で、かつ成功しても時間がかかる。

念のため伏兵を用意して、隙を突くことで対処

シロクロは住処をクラスメートたちと総力をあげて見つけだし、あいつのハロウィン衣装をド派手な色にすり替えておいた。

モノトーンではない衣装では、あいつは普段の半分以下の力しか出ない。

こうして、残ったのは弟だけとなった。


何となくそんな気はしたけど、実行員は兄貴だったか

「それでも、俺が目の前にいるのは意外って顔だな」

「白々しいことを言うなよ。俺が念のため、ドッペルゲンガーを置いていたのも分かっていたんだろう」

弟には他にも仲間がいた。

弟と背丈が同じで、人の真似をしたがるドッペルゲンガーだ。

こいつを利用して影武者にすることで、撹乱する可能性を予測していた。

もちろん、そいつと弟をよく知っている俺ならば見分けることは容易だ。

ドッペルゲンガーを捕まえたという連絡を先ほど貰った。その連絡係は俺の弟だといっているがな」

実の所、俺の考えたバカげた作戦なんてなくても、全員を捕まえることは可能だっただろう。

対策本部のほうが圧倒的に人数が多く、子供の知恵と行動力で出来ることには限りがある。

とどのつまり決着は最初からついていた。

だが、それでも俺が大人げなさにこだわったのは、弟の信条を切り捨てられなかったからかもしれない。

兄貴大人げない真似をして、大人の味方をするのか」

「弟よ。大人たちはハロウィンを楽しくやりたいだけなんだよ」

大人理想子供押し付けるな! トリックかトリート。どちらもあって、そして本気でやるのが俺たちの『楽しくやりたい』なんだ」

そう言ってイタズラ用のペインボールを俺に向けて放つ。

避けずにあえてそれを受け、俺のメガネが真っ赤に染まる。

伊達メガネの俺にとって、それは弟の最後の悪あがきでしかない。

俺の無慈悲な一撃によって弟は頭を垂れ、ハロウィン作戦は幕を閉じたのだった。

「何がトリック・オア・トリートだ……」

弟の搾り出すような声に、俺は沈黙するしかなかった。

(エピローグへ続く)
トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20161026040027

記事への反応(ブックマークコメント)

人気エントリ

注目エントリ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん