2013-10-06

創作における間違った信仰

なんか、「創作する人」って

創作それ自体を楽しみ、目的化しなければならない」みたいな信仰がある気がする。

それに対して、俺は一応あるジャンルプロだけど、「絶対コレ嘘だ」って思ってる。

だってプロになってみて思ったことだけど、みんなカネと名誉大好きで仕事キライだもの

創作なんてせずにカネ入ってくるなら、あいつらも俺も今の十分の一もアウトプットしないだろうと思う。

というか、創作畑で一発当てる奴の多くは「ちやほやされながらカネを貰いたい」という一心でそこまで頑張ってくるわけで、

ごくまれにいる仕事自体が純粋目的化してるキチガイ以外は、それでいいと思うんですよ。

ぶっちゃけ仕事なんて楽しくねーっすよ。

創作自体が楽しいなんて嘘っぱち。一番楽しいのは口座に入ったカネを眺めるのと

ネットエゴサーチして自分の作品が好評なのを確認するとき。これだけ。

それ以外なんて、大抵の仕事がそうであるようにエンドレス苦痛ですよ創作なんて。

金への欲望と名誉への欲望以外にモチベーションがあるヤツなんてそんないないよ。

自分のペースでテレテレやれるなら別かもしんないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

というわけで、この人はもっと明確に

「悔しい!俺もチヤホヤされたい!カネ欲しい!チヤホヤされながらカネ欲しいィィィ!」

って思うべきなんですよ。逆に、そこまで欲望が燃え上がらないなら創作なんて稼業はやらん方がいいし。

どのジャンルでもそうだけど、創作の根源って割と嫉妬とか欲望とかそういう人間の醜い部分でできてるし、

そういう部分をきちんと受け止めて行動に転嫁ちゃうべきだと思うんですよ。

お金欲しい!ちやほやされたい!絵ェ書いてちやほやされたい!って欲望と嫉妬を軸に

自分モチベーションを一つの行動に集約することが出来れば、わりとプロとかなれる気がします。

逆に言えば、「それが出来なきゃ死んでもいいや」って思えるくらいまで欲望が燃え上がったらプロになれました、俺の場合は。

実際問題、プロが一番すごいのって創作へのモチベーションでもかける労力や時間でもなく

売れてる同業者への飽くなき嫉妬とやっかみだと思う。ほんとものすごい。プロ同士で会うと絶対誰かの悪口言ってる。

でも、そういう人ほど生き延びるのは確かだと思うなぁ。職人気質の人とかファインアート志向の強い人は

継続的に多作でいられないように思う。単発では凄いひといるけどね。

さぁ、リピートアフターミー!

お金欲しい!」

「ちやほやされたい!」

「ちやほやされながらお金欲しい!」

サイン会やりたい!」

「ファン食いたい!」

「2chに独立スレ欲しい!」

お金欲しい!」

お金欲しい!」

記事への反応 -
  • 15歳に嫉妬しすぎて辛い

    サンデーで15歳が漫画家デビューという記事をネットで読んだ。 作品を読んだ。絵がうまい。話がうまい。漫画がうまい。 PNで検索したら本人のpixivが出てきた。 載ってる絵はすべて恐...

    • 創作における間違った信仰

      なんか、「創作する人」って 「創作それ自体を楽しみ、目的化しなければならない」みたいな信仰がある気がする。 それに対して、俺は一応あるジャンルのプロだけど、「絶対コレ嘘だ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        きもちわるっ。こうあってくれたら僕がハッピー臭だだ漏らしてる奴ってキモい…こういう奴に限って、プロはすごいすごい言って起きながら大したことない自分に苛まれて挙句他人か...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        でも、楽しめるヤツが強いのは本当だと思うなあ 体操のシライみたいな 存在が極めて稀だけれど

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        「創作それ自体を楽しみ、目的化しなければならない」みたいな信仰がある気がする。 創作それ自体をモチーフにした作品をイメージしてみ? (創作に限る必要は無いがとりあえず)...

      • いやいや、君みたいな育ちの悪い低俗なカスと一緒にされちゃ困る

        http://anond.hatelabo.jp/20131006154332 すぐ「道」みたいな話にして無限のストイックさを要求する世界は確かに俺も嫌だが なんで創作の道なんかに入ったかってそりゃ創作が好きだからだよ俺は...

        • http://anond.hatelabo.jp/20131006185714

          ほら、こーいう人。 代表例が出てきてくれたんで、さっそく紹介するけど こーいうヒトばっかだよ、プロって。 無駄なプライドとやたら高い自意識。 この人の場合、自分がゲスだって...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        金がほしいでいいと思うのだけれど それだと問題として“もっといい方法があるんじゃないか?”って問が出てこない? いい学校行って投資銀行に就職して見るだとか 起業を目指し...

        • http://anond.hatelabo.jp/20131006190115

          ちょっと違うんだなぁ。 俺は脱サラ組で、元金融だからちょうどあなたの例示にあてはまるけど、 「創作」でチヤホヤされる感覚ってのは、リーマンで稼いでちやほやされる感覚とまた...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        これは結構そうだと思う。 私の夫も創作系の仕事のプロだけど他の人の作品なんか買わないし、休日に趣味で作ることもない。 自分の作品がちやほやされるのは好きだけど、創作自体が...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131006154332

        手塚治虫の異常な嫉妬心と承認欲求も有名だし、それにキレた水木しげるが「一番病」描いたエピソードから見てしても、これ系は結構同意者が多いと思ってたけど違うのな。ちょっと...

      • 創作には妥協が必要だが、妥協だけでは創作できない| ただの通りすがり

        創作物もどきと創作物を明確に区別する方法はたぶんないでしょう。だからこそ逆に信仰が必要で、それが創作物と創作物もどきを区別しようという想いなのかもしれません。

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      15歳の少女だったら反応するのに 少年か どうでもいいな…

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      まず深呼吸して、世の中にはいろんな価値観があることを想起して、 それからまた自分の価値観を見つめ直して、それでちょっとずつ進んでいけばよいのでは?

      • http://anond.hatelabo.jp/20131005230833

        それができない奴もいるんだよなぁ。殴り返されて発狂して、延々と気にしてたり。で行き着く先は嫉妬されてるとか意味不明な現実逃避誇大妄想で整合を取ろうとするも、しがない社...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      いわゆる早熟の天才って、ほとんど「その年齢にしては」すごいっていうだけなんだよね。 天才子役しかり、天才卓球少女しかり、ハンカチ王子しかり、綿矢りさしかり。 だから嫉妬す...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      逆にこの作者が15歳じゃなかったらこの作品がこれだけ評価と注目を受けてたか考えてみよう 読む側が読む前から平均的15歳レベルに敷居を下げてるんだよ 最終的にどんなすごい作品を...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      主は40歳でアフタヌーンデビューした人の記事読んで落ち着けよw http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://comic-soon.shogakukan.co.jp/blog/news/1030/

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      15歳の絵を模写してみ。 髪の毛一本カケアミ一つ、フキダシの位置からコマ割りまで、漫画一本まるまる写せ。 多くの発見で、超速上達するぞ。 これすらできないなら、マジで才能ない...

    • 年齢関係ないとこがクリエイター?芸術家?の面白いとこだろー

      年齢関係ないとこがクリエイター?芸術家?の面白いとこだろうな。 だから目指す人が後を絶たないんだろう。 俺は大体年下だろーが、年上だろーが、ほとんど嫉妬するぞ。 その憤...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      なんか、書き方に変化付けないと、釣り針を隠せないと思うんだが、どうだろう。

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      ぶっちゃけて言うと、作品の純粋な消費者(自分では全く作らない人)は、何が「上手い」のかの基準をほとんど持っていない。 あるのは「好き嫌い」だけで、「好き嫌い」の基準も消費...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131005222822

      自分も同じような心境だったが、「G戦場ヘブンズドア」を読んでみたらちょっと考え方が変わった。 http://www.amazon.co.jp/dp/409188301X もう読んだことあるかもしれないけど。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん