「お泊まり保育」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お泊まり保育とは

2021-04-30

最近の姪っ子と増田

2歳を迎えた姪っ子の話、3本立てである

姪っ子と母性

姪っ子は非常に面倒見がいい。保育園でも同級生の面倒を見ているらしい。

家ではペンギンぬいぐるみ(以下ペンペン)2体を寝かし、ブランケットをかけようとする。しかも1体ずつかけるブランケットの色を指定しており、逆の色を渡すと怒られる。厳しい。

この面倒見は増田にも適用される。前にうとうとしていたら姪っ子がブランケットを掛けてくれた。それからは時々「ちゃん増田呼び名)、ねんね!」と眠くなくても強制的に寝かしつけられ、ブランケットを掛けられる。

ちなみに父はうとうとしていると「じいじ、おーきーて、よむ(「絵本読んで」の意)」と起こされる。何の違いだろうか。増田も起こしてくれませんかね。

姪っ子とリュック

先日姪っ子にリュックプレゼントしたところ、大喜びしてくれた。その日は遊びに来てから帰るまで、ずっとリュックを下ろさなかった。

姪っ子の中ではリュックを背負う=お出かけらしい。中に物を詰めてリュックを背負うと、「いってきまーす」と歩き出す。あいさつがよく出来る子である

ただ、小さいペンペンを詰めてそのまま持ち帰ったことがある。ペンペンお泊まり保育だった。姪っ子家でペンペンは取り出されたのだろうか。増田家ではペンペンしか知らない。

姪っ子とお医者さんごっこ

風邪病院にかかっているからか、最近医者さんごっこをよくするようになった。

スタートは長座椅子の陰だ。何やらよくわからないことを叫び(たぶん「次の方」みたいなやつ)、姪っ子がローテーブルまで駆けていく。医者が移動する珍しいスタイルだ。

そして、患者役の母の手のシミに何やら塗り薬をつけるフリをしてくれる。母の「先生治りますか?」には「はい」と応えてくれる。いい医者だ。

ただ、治療もそこそこに切り上げて長座椅子の陰に戻っていく。母の「終わりですか?」には「おわり〜」と投げやりだ。そしてまた何やら叫び、次のタームが始まる。律儀でかわいい

ただ、姪っ子先生よ。増田ニキビそのままでいずれ治るので、しばらくそっとしてあげてほしい。

2歳になった姪っ子もとにかくかわいいので、これからも成長を見守っていきたい所存である

2018-10-18

ママはいつも近所のおじさんとプロレスごっこやってる」

息子の友達Aくんが泊まりに来た。

お泊まり保育にハマってお泊まり会がしたいということになり、先方のお母さんと話し合って週末に泊めることになった。

夕食を食べながらいろんな話をした。

妻は女子サッカーをやっているのだが、その話の流れでAくんのママは何かスポーツしてるのか聞いてみたところ、元気よく

プロレス!」

と答えた。若干驚きながら

プロレスやるの?見るんじゃなくて?」

この辺りから夜の生活を覗いてしまったのかなと思っていたら、

「お家に帰ったら近所のおじさんとやってた。おじさんよく来てるよ!」

俺と妻はそれから気まずくなってしまったが子供たちはずっときゃっきゃっ遊んでいた。

翌日迎えに来たお母さんを見ながら「あープロレス大好きなお母さんかあ」と感慨深く物思いにふけった。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん