2020-10-14

在宅勤務後のクラムチャウダー

秋も深まると温かい食べ物が恋しくなってくる。なかでも好きなのはクラムチャウダーで、アサリのコクのある味とホワイトソースが合わさった絶妙な味がたまらない。去年はサイゼリヤメニューにあったので、行くといつも頼んでいた。

今年は(まだ?)ないようなので、自分で作ろうと思った。店で頼むクラムチャウダーで残念なところが一つだけあって、もっとアサリが食べたいのにあまり入っていないことだ。自分で作ったら好きなだけ入れられるはずだ。

クラムチャウダー レシピ」で検索してみたら、思ったよりも色々な材料が書いてあり、バター小麦粉ホワイトソースから自作する必要がありそうで、ハードルが高いなと思った。

ここでもう挫折しそうになっていたのだが、どこか、何かでクラムチャウダーと似たような味のものを家で食べていたような気がして、引っかかっていた。

そうだ、シチューだ。シチューの素を買ってアサリをぶち込めば、クラムチャウダーっぽいものができるんじゃないか生産性が高い最高の時短料理アイディアだ。

仕事帰りに早速スーパーに行き、ボイル済みでむき身のアサリを1パック、特濃シチューの素、カレー用の野菜を買ってきた。白ワインアサリを炒めると香りが良くなるらしいが、ワイン普段飲まないので何が良いのかよくわからない。酒コーナーの端っこに置いてあった白ワインの小さなボトルを買ってきた。

鍋にオリーブオイルアサリ白ワインを入れて火にかけると、すでに西洋料理っぽい香りがして、テンションが上がった。

カレー用の野菜を投入し、少し炒めてからお湯を流し入れて煮込む。

その後でシチューの素を入れようとしたが、どれだけ入れていいのかわからない。箱の説明を見ると、5皿で1箱全部入れろと書いてある。5皿も食えないだろうと思って、半分だけ入れた。

シチューの素が溶けると、それっぽい見た目のものが出来上がってきて、さらテンションが上がった。

これでもうクラムチャウダー完成じゃないか自分天才じゃないかと思った。

だが、かき混ぜているうちに、なんだか糊みたいに粘りが出てきた。

シチューの素を入れすぎたか?と思い、少し味見してみると、しょっぱくていまいちコクがなかった。

ここで大量に水を入れると、失敗したカレーのように水っぽくなるだけで、シーフード系だと生臭くて食えなくなるはずだ。

肉を消してコクを出す隠し味といえば、鶏肉でさえコーラを入れれば柔らかくこくのある味になるのだからいけるはずだと思い、冷蔵庫に残っていたミスティコーラを入れたら、鍋の中が飴色になった。

これで勝てるはずだと思い、火を止めて、出来上がったものを口に入れると、アサリの味とコーラケミカルな味が口の中で戦って、涙が出てきたが、吐きそうになりながら全部食べた。

それっぽいものはある時点までできていたので、次はバター具材を炒めてから行けばなんとかなりそうな気がする。

  • クラムチャウダーの素でええんちゃうかな

  • 投入する水はルウ一箱で水何百ミリとか、説明があったろ? なんでそこだけ読み飛ばす。 「分かってる分かってる」言いながら人の話を聞かない奴か?

    • なんでそこだけ読み飛ばす。 俺もそう思った。 こういうやつは、レトルトや缶詰のクラムチャウダー買ってきても 失敗するやつだと確信する。

  • 水入れたくないけど濃すぎた時はちょーっとずつ牛乳入れるとよいよ 薄ーいコンソメスープ(あったかくしたやつ)でもおけ

  • バターと小麦粉でホワイトソースから自作する必要がありそうで ベシャメルを作るようなレシピはいんちき。 粉はサンジェするだけでよろしい。 ただしプロとしてはサンジェという...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん