2020-08-11

米津玄師さんを少し憎らしいと感じた話

米津玄師さんのSTRAY SHEEP Radioを聞いて改めて感じた寂しさと,少しの憎らしさについて書いていく.

私の感じている寂しさは例えるなら,大切な友人と少しずつ距離が離れて行って,その大切だった人とまた仲良くなれる夢を抱きながらも,そんな妄想現実にはもうやってこない悲しさのような寂しさのような,そんな感情だと思う.

そして,少しの憎らしさとはその大切だった人が他の人と楽しそうにしている姿を見かけたとき気持ちのようだと思う.

私は米津玄師さんのdioramaやYANKEEの時の楽曲がとても好きだった.この時代米津玄師さんも唯一無二で今聞いても魅力的な楽曲が多い.唯一無二だから代わりになるようなアーテイストジャンルが一つもない.そんな唯一無二のジャンル新曲を期待すると,当然ながら米津玄師さんの新しい楽曲を期待するしかない.けれど,そのジャンルの曲が新しく作られることはなかった.

YANKEEの次のアルバムBremenでは曲の雰囲気が変わり,どちらかというとシンプルな曲がとても増えた.dioramaやYANKEEの時の複雑で幻想的なジャンルの曲はなくなってしまった.この頃はまだ昔の曲調が戻ってくると信じていたし,実際昔の雰囲気を少し持った曲はその後ちらほら現れた.しかし,そんな期待とは裏腹に以前とは違うジャンルの新しい楽曲たちが生まれていった.

もう距離が離れてしまったと気づかされたのは「砂の惑星」が発表された時だった.「砂の惑星」は初音ミクマジカルミライ2017のテーマソングで,米津玄師さんがハチ名義で出した今のところ最後の曲だ.この曲自体は昔の雰囲気を携えていて,この曲を聞いたときは戻ってくると期待した.しかし,歌詞MVの内容をよく見てみると,これは恐らく昔との決別の意味が強いことが察せられた.これに気が付いたとき少し泣いた.

とうとう「砂の惑星」の時の気づき確信に変わり,現実を突きつけられる瞬間が訪れた.それはF / T RADIOの時だった.このRADIOの29分ごろに,「昔の米津玄師とかハチに帰ってきてほしいって思うファンの人もいるかもしれないけど,もう戻れないから」と言っていた.もうあの時代米津玄師というジャンル消滅して,今後新しい楽曲がそのジャンルに増えることはないんだと知った.なんだか寂しいような,悲しいような,憎らしいような気持ちがないまぜになったのをよく憶えている.

最後にSTRAY SHEEP Radioで感じた少しの憎らしさについて書いて終わろうと思う.STRAY SHEEP Radioの28分ごろから,「カムパネルラ」という楽曲について語るシーンがある.そこでは「このアルバムを作るうえで3年たっていて,その時間はとてつもないと感じた.その間に自分を好きだった人が通り過ぎて,いなくなってしまった人がいるだろうと考えた.自分のことを好きだった人達を覚えておきたいと思っていて,その人たちの為の贖罪祈りの曲になっていると思う.」と語っていた.この話を聞いて少しの憎らしさを感じたのは,ここで言う「通り過ぎて行った人達」は,恐らく「昔の米津玄師ハチが好きだった人達」ではないような気がして,忘れ去られた寂しさと憎らしさが混在した気持ちになった.私は同じ場所で佇んでいるだけだから,通り過ぎていく人たちと違って,ただただ置いて行かれる存在しかないんだろうなとそう感じた.

これだけ現実を突きつけられて,置いて行かれたとしても,米津玄師さんの新しい楽曲が出るとき一喜一憂するし,アルバムCDはなぜか全て揃って手元にある.多分これからもずっとこうなんだと思う.

この文章気持ちの整理と,ちょっとした意趣返しで他意はない.憎らしさや寂しさは愛ゆえに発生するものから

  • スガシカオが鬱屈した内面を吐き出したり風俗嬢について歌ったりこちら側の人間のカタルシスをファンクに昇華してくれていて大好きだったのに、結婚したあたりから愛とか希望とか...

    • 愛をぶっ壊せば良いんだ

    • ホントだ。 個人的にはfankaholicあたりで雰囲気変わったなと思ってたけど、4Flusher以降でも結構変わってるな。 でもSMILE好きだけどなぁ。

    • 感じたり考えてないことは歌ったり書けないんだな

    • あああああああ、すげえわかる!90年代のスガシカオ最高だよな!Sweetは邦楽アルバムの中で1番好きだぞ! PARADEあたりから雲行きが怪しくなってきたと所感。 『甘い果実』みたいな歌は...

      • Sweetいいよなあ俺も大好き アニメは見た事無いけどブギーポップの主題歌だった夕立ちって曲が本当雰囲気いいんだよなあ

  • 他人に「変われ」と詰めるのも「変わるな」と詰めるのも等しく暴力ですからね

  • 最近フィーリングが合わないな。別のアーティストの曲聴いてみるか。 ってさっさと切り替えられたら楽になるって分かってるのに執着して苦しんでしまうのなんかわかる

  • いけ好かないというかなんかスカしてるかんじがしてダメだったけど、感電ビリビリとか言ってるの見て少し親しみを感じた。

  • 『チラ裏』の最近の言い方って、 『うんち』 になったんだっけ?

  • 自分も増田と同じ感覚。ハチを聴いて、diorama聴いて、YANKEE聴いて……気づいたら、何かが変わってた。昔からアルバム出るたびに興奮してたけど、今は少し変わったなあ……って、ちょ...

  • 教授がいつかまた千のナイフやライオットインラゴスみたいな曲を書いてくれるんじゃないかと思い続けてそろそろ40年になります

    • 今振り返って聞くと坂本龍一さんは富田勲さんをよく研究しているなってわかる。ローランドもコルグもヤマハもあっての坂本龍一さんだなって思う。 日本が電子楽器のレベルが高いの...

      • 鼻の下ヤローと絵描き唄で揶揄されてたパワハラヤローだけどな

  • 増田っぽい使い方で好き。 まあ唯一無二だと思ってたバンドが解散しちゃうよりはワンチャン?

  • 米津さん、インタビューとか昔のブログだとか読んでても、奇をてらってやろうとか自分の内相世界を克明に描ききりたいみたいなアーティスティックなエゴあんまり感じないんだよね...

  • 古参の面倒くささここに極まれり、だな

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん