2019-10-11

男尊女卑社会のほうがやっぱり正しかった説

今日も男は女叩き。

家事をやってくれないのが不満、とかいう誤解を女さん(と女さん向け情報サイト)は捨てるべき。

女さんがたはね、例えばダンナ毎日あなたと同じ量か貴方以上の量に家事をやっていて、貴方毎日テレビを見ているぐらいだったとしても、どうせ不満を言うんですよ。

ソースは俺の家庭だよ。めちゃ俺のほうが家事やってるし、大して労いもされてないし、それで俺の心には怒りもなんもないわ。しかもその状態で、なんかしら怒られるの俺だしな。なんで家事してるのが俺で、俺は家事してないダンナみたいな立場で平謝りしているわけ? その点には大いに怒っている。

うちがなんか変だとはビタイチ思わない。世間一般も大枠では全く同じ状況のはずだ。

  

かにね。あなた方は最も高頻度で家事やらない夫にぶつかるのであろうさ。

しかしだよ。

本質的にそれと貴方がたの怒りは全く関係がない。絶対そう。先に貴方がたには怒りがあり、それから家事をしていないという欠点発見しているはずである絶対そうだ。どうせなんかホルモンバランスとかなんかだろ? 女という生物自分が上の立場になった瞬間、気分に応じてどんな状況でも何かしらの粗を見つけて男を叩いてきますよ。少なくとも男性精神の安寧とか、家庭というグループの安定運営という意味で言えば、男尊女卑社会であることは完全に正しかった。気分に応じて家庭安寧が脅かされるのたまったもんじゃないわ。

 

とはいえちゃんと気分をコントロールして、安寧な家庭を運営している女性もいるはずである

女さんたちが情報サイトで共有しなければいけないのは、どうすればそうやって気分をコントロールできるのかという具体的な話じゃあないのか。昔の日本女性が、夫を立てる、という単語の下で身に着けていたなにかだよ。

夫が家事すれば不満がなくなる、それは自覚ないだろうけど嘘なんですよ。嘘を自分立ちの間で共有するのは。

男尊女卑社会のいい部分のエッセンスをどうにか取り出せ。これは女さんにしかできない。女さんの気分の問題なんだから

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん