2019-09-12

返信不要感想に返信をくれる神絵師の話。

二次創作をはじめ同人誌感想を書くのが大好き。

私は読むだけの人間なので創作する人のことは良く分からない。

でも毎回とても苦労して書かれているのだろうということは分かる。

読んで毎回素敵だと思った作品には感想を送るようにしてる。

絵も小説関係なくとにかく感想を書くのが好きで読んだらすぐに感想を書きたくなる。

最近匿名感想を送れるフォームがたくさんあるから便利だ。

簡単感想気持ちを伝えることが出来る。毎回毎回長くなって文字数制限に引っ掛かることもある。

それでもちゃん最後に返信不要ですと記入する。

神は仕事もなさって創作活動もなさって忙しいことと思う。

こんな末端の感想なんかに時間を取られてはいけない。ましてや返信などに時間を割くべきではないのだ。

そんなことをするなら新しい作品を描いて欲しいし、なんならゆっくり休んで欲しい。

感想なんてもの所詮こちらの自己満足

神の時間無駄にしてはいけないのだ。

なのに時々、返信不要と書いても丁寧に返信してくる神がいる。

なんとなく申し訳ない気持ちになってしまう。

次に送る時も「一切の返信は不要です」と書いた。

またお返事を頂いてしまう。

こんな下々のものに返信なんて!! そんな時間無駄な!!

私が感想を送ってしまうから無駄時間を使わせてしまう。

そんなことを思うと感想を送るのをついつい控えるようになってしまった。

私が感想を送る神は結構いる。

作品更新されたのを見て、あ、この人は返信される方だ、この人は送っても大丈夫な人だ。そんな風にチェックして最近はすっかり送るようになってしまった。

そんなある日、私が感想を送るのを控えている神絵師が「最近感想がまったく貰えない」とツイートしていた。

感想送りたいな、と思ったが仕事が忙しいというツイートもたくさん前後にあったのでやはりまた御返事に時間を割かれるのではないだろうかと躊躇ってしまった。

それから暫くするとツイッターアカウントは消えていた。

仕事が忙しいからだろうか。

感想が貰えないからだろうか。

それは分からなかった。

でもあの神が私なんかの返信不要感想にわざわざ触れなければ私はもっと感想を送っていただろう。

交流がしたいなら匿名フォームなんて使わない。

感想がきっと迷惑だという人がいるのは分かってる。

返信不要とあるのだから、神はわざわざ返信なんてしなくて良い。

そんなもの時間を使わずゆっくり休んで欲しい。

謙遜でも遠慮でもなく、どうぞ文面通りに受け取って欲しい。

  • anond:20190912032039

    これは悪意がないけどタチが悪いなと思ってしまった マシュマロやってたり匿名で感想クレクレする人種は総じて自己開示欲が高くメンタル弱くて乗せられ易い しばらくの間連続で褒め...

    • anond:20190912045714

      成る程 嫌いな書き手はそうして最初にちやほやしてあとから感想を送らず潰してしまえば良いのか

  • anond:20190912032039

    少し違うんだけど感想送りたいけど人のたくさん見るタイムラインに長文感想晒されるのが嫌で返信不要って書いたりする 返信不要って書いてるのに返信する人はやっぱりあんまり印象...

  • anond:20190912032039

    [腐女子長文増田]

  • anond:20190912032039

    返信不要のですってわざわざ書いてるのに返信する奴って自慢したいだけなんだろうな

  • anond:20190912032039

    これすっごいわかる 嫌じゃないけど気を使わせたくなくて返信不要って書いても返信もらってしまうとどう書いても気を遣わせてしまうんだと申し訳なく感じるからそれっきりにする ...

  • anond:20190912032039

    返信不要ってのは自己防衛でもあるしなあ 不要だってわざわざ書いてるのに返信してくる奴は面倒臭い人間だろうなと思ってそれだけで避けるようになってしまう

  • anond:20190912032039

    貰った側としてはついつい嬉しくてお返事してしまうんだよなぁ こんなところを汲み取って貰えたとか、こんな風に頑張ったところを見て貰えたってのが嬉しくて色々返事を書いてしま...

  • anond:20190912032039

    感想不要ですとありましたが〜みたいに書いて返事載せてる奴は大体自己掲示欲が強くてお触り禁止が多い あと気遣いで書いてると思われてるけどほんとにお前の返事はどうでも良いし...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん