2018-12-27

ゲーム実況者に会いに行く女

この世にはごまんと実況者がいて、ゲーム実況だけで生活できるのは本当に一部。多くの人は副業していたり、ゲーム実況の方が副業だったりする。認知度も様々で、イベントを行うような有名実況者もいれば、視聴者がいないのに夜な夜な配信する実況者もいる。

わたしが好きになったのは、10年ほどゲーム実況をしてるベテラン実況者だった。有名ではないかもしれないが、過激トークの中にある配慮や優しさのようなものが好きだった。彼の仕事関係で生配信はだいたい深夜だが、なるべく起きてみるようにしていた。アーカイブを残してくれないことも多いので、朝起きて通知が来ていたのを見ていたときは凹む。

YouTubeゲーム配信では「スーパーチャット」と呼ばれる投げ銭ができる。5万までの好きな金額を直接配信者に投げることができるのだ。懐に余裕があるときや、余裕がなくても祝い事があったときはまとまった金額を投げるようにしている。直接お金を投げることができるこのシステムはすごく画期的だが、同時にとんでもない中毒性も生み出してしま麻薬みたいなものだ。わたし認知されたくなかったので、複数アカウントからこの投げ銭を行っていた。ただ、一視聴者として、彼を応援たかった。

コメントも何回も読んでもらった。それでは飽き足らず、本人に会いに行った。もちろん合法だし、身バレしたくないからぼかすけど正しい手順を踏んでいる。

本人は動画と全く変わらず、よく笑って声の大きい人だった。動画を見ているとは言わず、眺めているだけだったが、それでも十分感動した。

認知されたくなかったのに、もっともっと彼に会いたくなってしまった。

会おうと思えばいつでも会いに行けるのだ。それが本当に、怖くて怖くて仕方ない。恋愛感情ではない、と思う。ただのミーハー心なのかもしれないが、いつも画面越しで見ていた彼を直接目にしたその日から、また彼に会いたくて仕方ない。

不毛であることはわかっている。彼に会いにいったところで何が満たされる訳でもないし、むしろどんどんいろいろなものが零れ落ちている気がする。それでも会いに行きたいと思ってしまう。

自制したくて増田に書いた。でも、もう後戻りはできないような気もしている。不毛だ。彼に会いたくない。でも会いたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん