2016-08-23

ちょっと待て、「野火」こそ過大評価されすぎだろ

シンゴジラとか邦画論争と関係なくてすまんが、逆張りではなく、「野火」は面白くなかった

なぜあんなに好評なのか謎である

良くなかった点のまとめ

映像

NHK再現ドラマっぽいハイビジョン感というか、RGBギラギラな緑(自然)にギラギラな青(空)

そこにわざとらしく墨を塗られたようなボロい日本兵がくっきり映る

それはそれでいいとして、時間の経過を表すために挟まれる、内容とまったく関係無い「移り変わる雲」「夕陽の海」とか、ダサい上にダルい

映像オーバーラップ手法とか、あえてやっているとしても何の効果も感じない

内臓飛び出たり四肢が舞う感じの殺戮シーンも、特に印象に残るほどではない

・演技

これといって迫力あるシーンがない

(わりと重要な役である若い役者の下手くそさは再現ドラマ感を際立たせ、

ブランキードラムの格好付けたキャラクターには既視感がある

リリーフランキーも、別にいいとこなかった

山本浩司ちょっと好きなんだが、ちょい役すぎてすぐ消えた

若い役者リリーの役、山本のほうが良かったのでは)

ストーリー

普通だった

予想通りの話(別に急展開を望むような題材ではないが)

ただ、上記の映像と演技がベースで話も普通だとすると、どこを見ろということである

そしてやはり今年「ゆきゆきて神軍」を見たのだが、面白かった

一部ファン神格化されてるサブカル映画ってイメージだったので、全然期待せず見たのが逆に良かったのかもしれない

内容としては「野火」の後日談的なドキュメンタリーとも言えるわけだが、

戦争でのやましいことを忘れて生きようとするおじいちゃん達と、それを許さぬ奥崎さんとの取っ組み合いの喧嘩とか、

こっちのほうがちゃんと地獄を感じる

http://anond.hatelabo.jp/20160822214815

記事への反応 -
  • シン・ゴジラに対抗しうる最近の邦画

    『最近の邦画』というと近頃はすっかり『しょうもないもの』の代名詞みたいな言われようだが、 正直自分も邦画はくそばっかだからと洋画ばっかり見ていたクチだ。 しかしすごい熱量...

    • ちょっと待て、「野火」こそ過大評価されすぎだろ

      シンゴジラとか邦画論争と関係なくてすまんが、逆張りではなく、「野火」は面白くなかった なぜあんなに好評なのか謎である 良くなかった点のまとめ ・映像 NHKの再現ドラマっぽ...

    • anond:20160822214815

      葛城事件 日本で一番悪い奴ら ヤクザと憲法 クリーピー偽りの隣人 ヒメアノ~ル ヒーローマニア-生活- アイアムアヒーロー 二重生活 ピンクとグレー 下衆の愛 リップヴァン...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん