2013-06-09

アニメ惡の華10話を見て思うこと

アニメ惡の華」最新話がびっくりするくらい面白かったので雑感と浅い考察

普段は萌えアニメしかみないので難しいことはよくわからないけど、考えをまとめたかった。

原作全く知らない。


春日の抱えてるモヤモヤ青春時代に誰もが抱える系のもので、厨二病と近い?

自分はすごい人間だ、他の人間とは違うと思い込みたくて、実は周りの人間と大差ないという現実から目を背けているモヤモヤ

自分に対するモヤモヤ


(何話か前の、本を読んで自分を取り戻さなくちゃ、という台詞にはずっとそれは違うだろと思ってた。本を読むなんて、受動的な行為で、自分は作れない。)

春日本人もそれは違うと薄々感づきつつも、読書現実逃避と他とは違う自分を演出するための道具として使っていた。


中村さんの抱えてるものはまた春日とはタイプが違う。世界に対するモヤモヤ。とにかく今いる場所から抜け出したくて、自分の居場所がないと思っているモヤモヤ。(家庭に何か事情がある?)

周りの人間は、本質が何も分かっていないと感じてるタイプ

春日体操服を持って帰ったのを見て、春日の欲望に触れて、人間のドロドロした本質が見れて面白そうと思ったか春日に近付いた?

欲望に忠実な人間面白いと思ってそう。人間なんてこんなものだという気持ちと、ドロドロした汚い部分を、理性で覆い隠して普通のふりして生きてる人間への興味?

(園子温映画と通じる部分があると思う。)


佐伯さんは、周りから優等生扱いされてるけど、誰も自分内面を見てくれなかったところに、春日から告白され、内面を好きになってくれたと思っていたので春日に惹かれていたが、それも最後春日言葉で否定され、結局春日自分の外見、作られた部分しか見ていなかったと気づいたので、もういいよ、となった。

恋愛感情理想を抱いてる。好きと言って、自分自身を認めて欲しい。

春日くんの中身をぶつけて、見せて、としきりに言ってるのはその分自分の中身も見せたい、認めて欲しいことの表れ?


春日佐伯さんも中村さんも選べなかったのは自分に自信がないからで、どっちかを選ぶということは、どっちかを選ばないということになる。

春日は選ぶ決断と同時に選ばない決断を強いられていて、どちらにも嫌われたくないので選べなかった。

春日は、周りの人間に認められたい、嫌われたくない、受け入れて欲しい、自分の汚い部分や空っぽの中身を見せたくない。

遠くへ行きたい中村さんに着いていったのも、現実逃避



惡の華ほんとに面白い

あれくらいの年代人間がみんな抱えてるモヤモヤが入り混じっててすごい。

展開も面白い


体操服は、春日の抱えている欲望のメタファーか。

春日くんにびっちり張り付いて〜という中村さんの言葉面白かった。


来週も楽しみだな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん