2019-09-24

プロはやっぱり業務で使えない

職業プログラマシステムの開発保守をやってるんだけど、色んな人が競技プログラミングにハマっているのをみてatcoderを始めてみて一ヶ月が経った。未だにF問題が解けなくて実力の無さを痛感してるけど、これ、たしかめっちゃ面白いアルゴリズム考える力もつくし、これからも続けようと思う。

それと同時に、やはり競プロ業務では使えないって思いが強くなった。「アプリを作るのが好きで、趣味で競プロもやってます」って人であれば面接で速攻でとると思う。問題となるのは「競プロ青色なので、プログラミングは得意です」という言い方をする人。その時点で俺なら落とす。

普段仕事プログラムを書いていると可読性とか保守をどうするとか、ほとんどの時間はそういうことを考えてコードを書いている。幸いそのお陰で、自分の関わるシステムは5年以上開発を続けても苦もなく保守できる状態が保たれている。しかし、atcoderに参加してみて、競プロ中は普段と全く関係のない知識を使っていることに気がついた。いや、使っているではない、使わざるを得ないのだ。

例えば、普段の開発では単体テストを必ず書くが、atcoderでは提出時間が早いほうが有利なため、簡単問題では単体テストが完全に無駄だという思いが脳裏に浮かんだ。システムを作るときには絶対にあってはいけない発想だ。回答を通す、という目的けがはっきりしているのも問題だ。参加中は可読性を上げるために変数名をつける、読みやすいようにリファクタリングする、などの行為がすべて無駄と感じられてしまった。回答を通すためだけに、 ad-hoc な if 文がどんどん付け足されていく。そして、回答が通った時点ですごく達成感が出てしまい、完成したコードにはまったく興味がなくなってしまった。atcoderに参加しただけで、普段システム開発をしている自分の頭がそのような発想に至ることがあるなんて全く想像していなかったので、恐ろしくもあり、競プロマインドシステム開発とは全く違うと痛感させられる経験だった。

こんなマインドプログラミングを覚えた人間は、絶対にまともな開発はできない。ひどい手癖が染み込んでいる上に、そこに自信を持ってしまっているのが非常に恐ろしい。ずぶの初心者よりももっと悪いと思う。

  • anond:20190924082455

    0点の記事だな お前chokudaiのツイート読んでないの? atcoderやってんのに 彼はこういってんだよ 通常のシステム開発において競技プログラミングで役に立つか、という意見ですが、ま...

  • anond:20190924082455

    初参加で5完とか結構才能あるじゃん ほ

  • anond:20190924082455

    レッドコーダーレベルに競プロが出来るわけでもないのに競プロが役に立たないと何故判断できた

    • anond:20191020144249

      レッドコーダーが競技プログラミングがどう役に立つか語ってくれれば競技プログラミング界も安泰だろうに

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん