2019-02-03

新井紀子先生科研費発言案件について

国立情報学研究所新井紀子教授科研費と思われる研究助成金審査同業者恫喝していて面白い

https://blogs.yahoo.co.jp/hokulea2006/64461868.html

新井紀子先生発言は、端的に言ってアウトだと思うし、すぐに消えると思っていたが…

明らかに問題発言なので擁護する気はないが、この発言をもとに何らかの処分が下せるか、というと、かなり微妙なのではないかと思う。

科研費」とも「落とす」とも一言も言っていない。税金と書いてあるが、研究費の原資が100%税金だとも書いていない。税金の入っている研究費であれば一応筋は通るので、別に官民連携プロジェクト研究費でもなんでもいい。

「誤った税金の使い方をしなくて済むように」としか書いていない。「落とす」とは書いていないので、通した上で、減額するように注文をつけたとしても筋は通る。

ドラマティックな申請書をコピペを駆使して書いてきた」場合についてしか言及していない。「コピペを駆使して」が剽窃意味するのかわからないが、剽窃意味するのだとしたら、剽窃を含むような申請書を通してはいけないのは当たり前なので、当たり前のことを言っている、で済んでしまう。

そうは言っても、リストを作って、申請書を予断を持って読むこと自体がまずいのでは、という意見もあろう。

が、そうすると、同じ理由で、エセ科学トンデモな人の申請書を落とせなくなる。研究業界では、あの人は明らかにトンデモになってしまったよね、という評価の人が、ずっとポストを持っていたりする。

科研費申請書は、研究提案いかに素晴らしくとも、「この人にはこの研究計画は無理である」と審査員が判断したら、実現可能性が低いことを理由に落としていいことになっている。

その実現可能性は、一緒に提出する業績リストだけで判断される事になっているが、トンデモな人は、そこにも虚偽の業績リストを入れて載せてきたり、とにかく業績の数だけ多くして出してくる可能性がある。

明らかにトンデモな人を頭に入れておいて、申請書を読むことを許すのであれば、それはリストを作って予断を持って申請書を読むことと何が違うのだろう…と考えると、予断を持って読むこと自体否定することはできまい。

ただ、予断を持って読むことを大勢の前で発言する事自体については、注意がくだせるかもしれない。

  • anond:20190203192732

    そういう話だとそもそもトンデモな人間にポストを与えたまま放置しているというアカデミズム全体の自治が問題なのに その責任を科研費の審査担当に全部押し付けてるっていう構図に...

    • https://anond.hatelabo.jp/20190203203623

      なんか「アカデミズム」っていう一枚岩の組織があるような書き方だけど、ぶっちゃけ、ポストに誰をつける/つけないとかは各研究機関の判断なんだから、全体的な統制なんてしようが...

      • anond:20190203235519

        > なんか「アカデミズム」っていう一枚岩の組織があるような書き方だけど、 世間はそう思ってる人多いようだよ。「御用学者」なんて言葉を振り回す人々とかね。

      • anond:20190203235519

        いやいや研究機関が個別の存在だというのは当然知ってるが それでも業界内で害が大きい問題を解決するために連携を取ろうと思えば取れるだろ? それをやる気もなしに開き直って学問...

        • anond:20190204000046

          トンデモが出てこないように連携した時点で、それは「自由」じゃないんだよ。 ここの大学がトンデモ人材を判定して自分のところに入れるのを排除するのはいい。 だけど、大学間で連...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん