「新井紀子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新井紀子とは

2019-06-23

中卒の者です

日本大学生が「%」を理解できなくなった理由 約2割が「2億円は50億円の何%か」解けない | ブックス・レビュー - 東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/286802

唐突自分語りからまりますが私は高校1年生の1学期で中退しています人間関係理由

英語数学が苦手で中学生ときは「2」とかでした

そんな私ですら解ける問題を、なぜ大学生の約2割が解けないのか理解できない

答えが25%なわけないのは、パッと見で分かると思うのですが…

ちなみに新井紀子氏の読解力テストも私には簡単に感じたのですが、高学歴の多いはてなーの人でも解けない人がわりといたのは驚きました

学力とか学歴とか頭の良さってなんなんでしょうか

周りを見てると、修士博士はさすがだなと思う人が多いけど、彼らも自分が知らない領域については当然無知だし、学士だとばらつきが大きい(これは単なる個人的印象)

私は学校教育とは相性悪すぎて今後も学歴とは無縁だと思うけど、学び続けることは生涯やめたくない

大学生の中には何となく進学しただけでそうは思ってない人もいるんでしょうね

しかしたら学習障害の人もいるのかもしれないですし

自業自得とはいえ中卒として辛酸舐めてきた私にはなんかモヤモヤする記事でした

2019-03-16

書名がダサい

数学者新井紀子さんの本、どれもいい内容なんだけど、書名がダサすぎて手に取るの恥ずかしいんだよね。

同じ思いの人はたくさんいるはず。お願いだから次回作もっとスマートタイトルにしてくれ。

買った本:

本棚差しておける書名にしてくれ。来客者に見られると恥ずかしいわ。

2019-02-23

まとめサイトって国語力が高いと感じたきっか

AI vs. 教科書が読めない子どもたち」新井紀子著を読んでて気づいたんだけど、2chまとめサイトって国語リテラシーが高い。

何故か

ブコメを読んでるとクソ意見が多いので人気順→新着で読んでる。新着では読めてない・下らない意見が多い。

2chは詳しくはないけど、まとめサイトではコメ数字が飛んでて、面白い意見を拾ってる様が見て取れる。

読みにくい(下らない意見が多いと)プレビューが下がるので馬鹿サイトは淘汰される。よって人気サイトは読むに堪えるクオリティを備えている。

はてな」は高学歴が多いとされている、がそんな気はしない

人気順だと時系列でないとか、はてなでは人気が無い現実派が取りこぼされてるとか、左派互助会で下らない意見が上位を占めるとかある。

まぁそれほどクオリティが高いとは言えない。

そこで「お気に入り」のブクマカ指定して読んでる。

結論

はてな害悪と指摘されるまとめサイトも捨てたものじゃない。

2019-02-05

ちょっと有名になった人が即炎上芸人化する世界

新井紀子最初重要問題提起をする人ととして出てきて、しかだんだんと評判が落ちて今では痛い人扱いだ。

これはインターネット以降に出てきた人のほとんどがこの末路をたどっていると思う。

例えば菊池誠だって最初重要問題提起をする人として現れてだんだん痛い人になっていった。

古市だって最初統計データと実地取材から若者論を書く人だったんだ。

ちょっと有名になると何でもかんでも放言する痛い人に、今の時代はみんななっていく。

で、これは個人資質問題じゃなくて、おそらくツイッターアルゴリズムフォロワーが数値化されることに原因がある。

これは体感的なものだけど、フォロワーが3万人を超えたあたりから、人はだんだん痛くなっていく。

本来なら留保すべきことを根拠なく言い切って、反論を「たいしたことない意見」として切り捨てるようになる。

これはきっとツイッター仕様のものが、自尊心肥大させて人を痛くする傾向があるんだ。

それをちょっと前まで何の注目も浴びてなかった、人前に出ることを訓練していない人が浴びちゃうと、こういった変質を招いてしまう。普通の人がフォロワーが増えてしまったときの変質を考えると、芸能人はすごいなって思うよね。

もっとみんなこの問題について考えるべきなんだ。SNSアルゴリズムが人の振る舞いに影響を(悪い意味で)与えちゃってるんだよ。しかも本人もその取り巻きも、そのことはまったく自覚していないんだ。

2019-02-03

新井紀子先生科研費発言案件について

国立情報学研究所新井紀子教授科研費と思われる研究助成金審査同業者恫喝していて面白い

https://blogs.yahoo.co.jp/hokulea2006/64461868.html

新井紀子先生発言は、端的に言ってアウトだと思うし、すぐに消えると思っていたが…

明らかに問題発言なので擁護する気はないが、この発言をもとに何らかの処分が下せるか、というと、かなり微妙なのではないかと思う。

科研費」とも「落とす」とも一言も言っていない。税金と書いてあるが、研究費の原資が100%税金だとも書いていない。税金の入っている研究費であれば一応筋は通るので、別に官民連携プロジェクト研究費でもなんでもいい。

「誤った税金の使い方をしなくて済むように」としか書いていない。「落とす」とは書いていないので、通した上で、減額するように注文をつけたとしても筋は通る。

ドラマティックな申請書をコピペを駆使して書いてきた」場合についてしか言及していない。「コピペを駆使して」が剽窃意味するのかわからないが、剽窃意味するのだとしたら、剽窃を含むような申請書を通してはいけないのは当たり前なので、当たり前のことを言っている、で済んでしまう。

そうは言っても、リストを作って、申請書を予断を持って読むこと自体がまずいのでは、という意見もあろう。

が、そうすると、同じ理由で、エセ科学トンデモな人の申請書を落とせなくなる。研究業界では、あの人は明らかにトンデモになってしまったよね、という評価の人が、ずっとポストを持っていたりする。

科研費申請書は、研究提案いかに素晴らしくとも、「この人にはこの研究計画は無理である」と審査員が判断したら、実現可能性が低いことを理由に落としていいことになっている。

その実現可能性は、一緒に提出する業績リストだけで判断される事になっているが、トンデモな人は、そこにも虚偽の業績リストを入れて載せてきたり、とにかく業績の数だけ多くして出してくる可能性がある。

明らかにトンデモな人を頭に入れておいて、申請書を読むことを許すのであれば、それはリストを作って予断を持って申請書を読むことと何が違うのだろう…と考えると、予断を持って読むこと自体否定することはできまい。

ただ、予断を持って読むことを大勢の前で発言する事自体については、注意がくだせるかもしれない。

2019-01-03

anond:20190103073305

新井紀子先生がこれを問題視して啓蒙に頑張ってるけど、この文章場合って歴史的事象を知っている人ほど確証バイアスがかかって誤答しそうだな。他の文章も、そういう認知心理学的な誤答プロセスがあるんじゃないかと思う。

2018-10-08

番組 1 ㍉も見てないからよくわからんけど、tech の姫ことちょまど氏が「貧困層乙」って感じで NII新井紀子女史を叩いてるのやばくないすか

姫は新井先生に何の恨みがあるんだろう...自分が一番でいたいから目障りな女は叩くキャンペーンの一環なんだろうか

これがイケメンだったらこういう事態にはならんかったんかな...

2018-08-15

新井紀子先生って本業の方でもトンデモだったのか・・・

声の大きいだけの、えらい人に取り入るスキルけが高いタイプの人だったのかな。あっ小保方さんじゃん・・・

2018-02-27

anond:20180227191935

あるよ

なんていうか忘れたけどある

しか最近新井紀子がやってる中高生日本語読解がウンヌンて議論の流れでツイッターでみたような

違うかもしれないけど

2018-02-21

新井紀子教授事件

これはもっと話題になるべきだと思う。

かなり大きなお金を取っている人だし、社会的制裁必要ではないのか。

以下、https://mywarstory.tokyo/academic-fraud/より引用

公式には新井紀子教授イリノイ大学博士課程を修了していない

イリノイ大学こちからtranscripts@illinois.eduに直接問い合わせてみたところ、以下の学位証明を送っていただきました。

新井紀子教授イリノイ大学では修士号しか取得していないようなので、公式には博士課程を修了していないようです。(ちなみに博士号は後に東工大で取得されたようです。)

たこちらは新井紀子教授の母校一橋大学におけるインタビューですが、先ほどと同様『博士課程修了』と公式とは異なるプロフィールが記されているのに加えて、『1987年に3年の修士課程を2年で修了』と、こちらもイリノイ大学には公式には認定されていないことを述べています

プロフィールを偽る人の言うことは信頼できるのか?

以前にも新井紀子教授について書きましたが、私は彼女に対して正しくない情報を流すことに悪気を感じない方という印象をより強くしました。

2017-12-09

イノベーション利権」の勃興

今にして思えばSTAP細胞事件典型的だったと思う。妄想(ゆめ)を語る研究者に対する人々の期待がバブルのように膨らみ、マスコミ業界紙はそれをさらに煽るべくショーアップする。結果として、彼らの下には多額のカネが集まってくる。

結局、そのバブルは弾けて水泡に帰した。しかし、本来科学研究などというのは失敗してナンのものであり、提案された成果の追試が成功せずに認められないことは珍しくない。STAP細胞も、そのような失敗した研究の一つとして粛々と科学史の闇の中へと消えていく程度の話であったはずだ。

しかし、現実には有名研究者であった副センター長の自殺という衝撃的な結末を迎えた。何が、彼をそこまで追い込んだのか?

翻って今回の場合齊藤氏とその技術者チームが開発したスパコンはGreen500で四位という立派な成果を出したのであり、その技術力は虚像ではない。だが、その発言が非常に危ういものであったことはすでに指摘されている。

齊藤委員

(中略)

次世代スーパーコンピュータ必要性は、もう釈迦に説法であるかもしれないが、さまざまな手法による省エネルギー、そして新エネルギーであり、最終的にはエネルギーフリーに持っていく。小型熱核融合といったところには核変換の機能付与されるため、資源問題が大きく改善解決されていく可能性がある。

食糧問題というものも、植物工場のあり方次第で大きく変わってくるということや、衣食住がその次のフリーになるというようなところも議論としてあり、続いては安全保障軍事議論もここに含まれてくる。やがて保有するスーパーコンピュータ能力が国力という時代が非常に近づいてきているのではないかと思う。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/2030tf/summary_281003.pdf

夢を語るのは良い。だが現実には何が起きたか。おそらくは、彼の描く楽観的なビジョンに対して次々と舞い込んだ多額の助成金が、後ろ暗い勢力を引き寄せる結果となり、最後は食い物にされた。それが、今回の件の実態なのではないか

(追記:四億円だけの話をしているわけではないよ。)

同じく委員会に参加していた「東ロボくん」などのプロジェクトで知られる新井紀子氏は、今回の件についてこうコメントしている。

マクロパラメータが痛んでるときに、最後ブラックボックスであるイノベーションにかけて一発大逆転を狙うと必ず無理がたたってインパール作戦になるので、現実直視し、エビデンスに基づいてコツコツ修正するように、と言ったのに…。 経産省にも責任があると私は思う。

https://twitter.com/noricoco/status/937902064104980480

この指摘は非常に正鵠を射ていると思う。今や、この国のあらゆる人々が一発逆転を期してユメを語る人間にカネを託すようになった。言い換えれば、経済が停滞を続ける状況下において、ブラックボックスは最もカネになる存在となったのだ。

このことは、昨今の政治スキャンダル様相が変わったことと大きく関係していると思う。前世紀と比べて、我が国ではハコモノ利権は相当に厳しくなった。これは、有権者の目が嚴しくなったこともあるが、マクロ経済環境が停滞した結果、そもそもバラ撒くためのカネがないということもあるだろう。

一方で、昨今に取り沙汰されている政治スキャンダルを振り返ってみると、全て「教育」構造改革」「イノベーション」に関するものだ。繰り返そう、ブラックボックスはカネになる。子供の中にも先端技術の中にも無限可能性があり、そこに対する投資は無条件に正当化される。

既存利権の伸びしろが無くなった今、ブラックボックスに対する期待をカネに変えて配る、すなわち「イノベーション利権」の構造こそが、この国の政治最先端の姿なのではないか

2014-05-08

数学の本もこれだけの分量だと、文系では厳しい気がしますね。

http://anond.hatelabo.jp/20140506144603

これだけのものを「ちゃんと」読めば、そりゃあなんとかなるでしょう。

しかし、何万円になるんだ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん