2017-02-03

不動産業界のふっかけが常態化してるのを詐欺罪で訴えられないか

この間賃貸敷金返還してもらったんですが。返還してもらうのにものすごい苦労したんですよ。

ガイドラインを見せて減価償却説明してクリーニング料が相場より過大であると指摘してと色々して、最終的には裁判チラつかせてね。

ようやく不動産会社から返還されました。

本来証明するのは借主のこちらでないし簡易裁判すれば向こうが証明できるわけないかもっと早く決着つくんだけど。

大家さんがいい人だから裁判最後の手段と考えて我慢して交渉して返還してもらったんだけどね。本当にバカバカしかったよ。

この業界って本当に嘘ばっかりつくねクリーニングもやってないものをやってることにして金取ろうとするんだよね。業者からクリーニング料の見積書や工事完了要求しても一切出さないんだ。相場より相当高くて、過大請求してるの明らかなのに立証が難しいじゃん?

でも警察詐欺罪被害届出そうとしても相当な証拠がないと受理してくれないよね。

こんなのが常態化してるの本当におかしいよね。なんで常態化してるかって、みんながしょうがないって思ってるんだよね。

転職して金融メディアいたけどさ。

これまでいた業界では水増し請求常態化してるような業界なかったよ。本当にいい商売してるなあと思ったよ。

まともな業界とふざけた商売して許されてる業界があるのは何でなの?

こんなあからさまにクリーニング料100万ね、みたいなふざけた商売放置されてるのも司法警察が悪いんじゃん?

こういうの一斉に詐欺罪とかで立件できないんだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん