2016-07-30

[]ナメクジワールド2

 賢いエスカルゴ創造した調和は、捕食者の赤いドラゴンではなく、

賢いエスカルゴ内部から改革者によって乱された。

 すなわち、ちょっとだけ余分に黒いうんこをする新種の誕生である

この腹黒いエスカルゴは耐暑性をもっていて、余分に黒いうんこ環境温度を最適のものより高くすることで、

相対的に暑さに弱い賢いエスカルゴたちを駆逐した。

 時を同じくして北の陸地では余分に白いうんこをする酷薄エスカルゴ誕生していた。

彼らはもちろん耐寒性をもっていて、我慢大会で同種を打ち破った。

 こうして似通った生存戦略分布を広げた二種類のエスカルゴはついに温帯で激突した。

腹黒いエスカルゴが黒いうんこをひれば、酷薄エスカルゴは白いうんこをひる。

汚いスプラトゥーンオセロで、両者は互いに消耗しきり、

僻地にしぶとく生き残っていた雑魚ナメクジが体色を灰色に固定して漁夫の利をえた。

殻のない彼らが増えれば手のひら状の目のない肉食動物「赤いドラゴン」が増殖する。

 こいつは「何か」が赤いアメーバに食われかけているように見える奇妙な動物だが、中心部の「何か」が本体である

赤いドラゴンが増えれば、そのチャームポイントである爪が立たない殻をもつエスカルゴ属に分布拡大のチャンスが訪れる。

 こうして延々と繁栄と衰退のシーソーゲームが繰り広げられる中で、徐々に多様性が増していった。

 なお、大陸南半球側では平和的に進化が展開していて、殻の上部が半透明になっていて

効率的日光葉緑体にあたえる「温室エスカルゴ」などが誕生した。

葉緑体の側がエスカルゴ支配していたのかもしれなかった。

 また、ナメクジとの共生を辞めた藻類――あるいは別個に上陸した藻類が、

ナメクジエスカルゴうんこを基盤に新顔の菌類と協力して直径50cm、高さ3~4mに達する塚を築いた。

 いつのまにか土壌が誕生していたのである

 褐色のそれは、まるでそびえ立つうんこだった。

http://anond.hatelabo.jp/20160728222015

記事への反応 -
  • [増田アース]千夜一夜うんちの旅 マスダサバ・コリー:death6coin作

     核融合エンジンの噴射は艦橋区画の重力を微妙に変化させつづけていた。 新米航宙士なら尻ではなく口から食べた物を出してしまいである。  しかし、宇宙空間の長距離輸送になれた...

    • [増田アース]ナメクジーワールド

       この世界で最初に上陸したのはナメクジだった。正確にはナメクジ様の単純な動物であった。軟体動物に属するナメクジはかなりの高等動物である。 ナメクジモドキ:Limacidae Pisciculosは...

      • [増田アース]ナメクジーワールド2

         賢いエスカルゴが創造した調和は、捕食者の赤いドラゴンではなく、 賢いエスカルゴ内部からの改革者によって乱された。  すなわち、ちょっとだけ余分に黒いうんこをする新種の誕...

        • [増田アース]我らをめぐる元素

          C「よう久しぶりだな兄弟。この前、海洋プレートごとマントルに引き込まれて以来だから、かれこれ7000万年ぶりか?」 H「再会するときはダイアモンドになっているんじゃなかったのか...

        • [増田アース]ナメクジ海にかえる

           陸上で繁栄を極めた種の多くがするように、雑魚ナメクジの仲間も一部が海への回帰を試みた。  当時の海中は節足動物的な動物の先祖にあたる動物がブイブイ言わせていた時代。  ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20160804122512

            カクヨムでやれクソ雑魚ナメクジ

          • [増田アース]敗者復活

             海中で最強者の地位をうしなったアノマロカリス類似生物の仲間は、その体格をどんどん小さくしていった。  最盛期には2mに迫っていた最大種の体長は完全に海サソリの餌に落ち着...

            • [増田アース]月のない海

               増田アースに大きな月はない。たまに近傍小惑星が捕獲されて小さな月になる程度である。  すると何が起こるかと言えば、潮汐の原因が恒星に限定されるため、 潮の満ち引きのタイ...

              • [増田アース]御所貝の興亡

                 御所貝は貝と名前がついているが、軟体動物ではなく、腕足類の仲間である。  腕足類は翼型と形容される非対称の殻をもっており、 この殻で水流をコントロールすることでザコナメ...

                • [増田アース]お嬢鯖の謎

                   海の生物には性転換をするものが多い。  鯖鰈に遠縁で恍惚魚類に属するお嬢鯖も性転換をする生物と考えられるが、 雄状態を確認されたことが一度もないという特徴をもつ。 研究...

                  • [増田アース]増田アース

                     増田アースにも寄生虫が存在する。いや、寄生獣か!  そいつは煮ても焼いても放射線を浴びせても真空に暴露しても殺すことができず、 あらゆる増田アースの生物に張り付き、張り...

              • [増田アース]増田アース料理:御所貝ベースの増田南蟹鍋

                材料(二人前) 御所貝:一網打尽 増田南蟹:二杯 野菜:700g ニダンバッタ:二匹 しょうゆ:塩分控えめに 酒:無理強いしない みりん:ほどほどに 塩:これでもかと  実の部分がま...

        • [増田アース]クソザコウナメクジ

           クソザコウナメクジは一部の地域で特定外来種として扱われる。 活動範囲のとても広い増田アースナメクジである。  その特徴は体の後半を地面にしっかりと固定し、 体の前半を...

    • [増田アース]その時、地殻が動いた

       キャプテンうんこが宇宙漂着した時代の増田アースには大陸地殻がなかった。  しかし、それは陸地がないことを意味しない。 代わりに同年代の海洋地殻同士がぶつかりあってできた...

    • [増田アース]増田の明日

       増田アース人の冬眠能力は、モレツ帝国の悲劇があったにも関わらず 不効率であるとして一部の進歩派に攻撃されつづけた。 しかし、時代が下って増田アース人が星間宇宙まで進出し...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん