2013-09-14

以前は愛されることを夢見ていたような気がする

http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

結婚だけど、こればっかりは組み合わせの問題なんで、仮に上司の嫁さんに問題が無かったとしても、どうしようもない事もあるんじゃないかな。

単純に嫁さん悪いって可能性もあるし。 君も別に確信が得られないなら結婚しなくても良いのでは。

あと、私も嫁さんと想い想われる関係を、ぼーっと望んでいた気がする。 おんなじような価値観イメージを共有できるような関係性。 いいよね。

特別な1人がいるのってすごく心強くなるし、安心感があるじゃない。

これはそう。安心感あるし。 あとね、考えることが減りました。 自己肯定感みたいなものに悩まされなくなった。

昔は、というよりこれは私が30手前の中年差し掛かるころだったんですが、「俺って役に立ってるのかな?」という不安に覆われるような時期が来た。

いやだってネットみれば凄い人は雲の上のような感じだし、職場で上を目指せるかってーと限界が見えたりもする。自分市場価値は?とか。

そういう時に仕事に失敗すると本当に落ち込む。

だって自分価値がある、と思いたいものではないだろうか。 それは心の弱さではあるけど、でもそういうものではないだろうか。 私は誰かの役に立ちたいな、と思ってた。 仕事以外でもいい、なにか別の評価軸、誰かのために何かをして、ありがとうって言われたくなった。

今の嫁さんと出会った。 別に嫁さんは美女という訳でもないし、料理人って訳でもないんだけど、

花を贈ると喜んでくれた。 深夜作業あけに会いに行くと労ってくれた。 あと彼女焼きうどんを作ってくれた。

当時の私は松屋すき家吉野家のローテーションで、学生時代から+20kgでビタミンは足りず、なんか体に塩気が溜まってくような感じだった。

彼女の作る焼きうどんは、屋台なんかとは違って薄味で野菜がたくさん入ってて、食べるたび、体に栄養が染み渡る感じだった。 砂漠に水が吸い込まれるような感じで、腕や足に沁みていくのを感じた。

この辺の感覚が分かるようになっただけでも歳をとって良かったな、と思った。 歳を取ると野菜が美味しくなる。

花を贈る相手ができた事が嬉しかった。 で、会うたびに新しい花を贈ってた。

「まだ前にもらった花も枯れてないですよ」という彼女に「でも、花を贈る相手がいる、という事も幸せなことですよ」とか返していた。

なにかできる相手がいるってことが楽しかった。  別に相手は誰でも良かったのかもしれない。コンビニの店員なら客でもいいし。仕事の同僚でもいいし。NPOなんかでもいいと思う。ただ私は彼女になにかをしたい、と決めた。 

昔は誰かに愛されることを望んでいた。その方が幸せなんだろうな、と今でも思う。 ただ歳を取るとその辺はどうでも良くなってしまって、ただ愛したい、だけが残ったような気がする。

山本 夜羽の漫画の帯だったか「愛を知らない人間けが知る愛がある」ってフレーズがあったような気がする。私の場合はそうなんだろう。 今もあの時の気分が続いてる。

まぁそんな変化が来たら結婚を考えてみても良いかもしれませんよ。

記事への反応 -
  • ねえ、結婚して良かった?

    すごく優くて良い友人である上司でさえ、離婚の危機になっててすごく辛そうで、なんかむしゃくしゃしたので。 まだ20台前半の小僧で普通ならエロザル化してる時期なのに、結婚した...

    • 以前は愛されることを夢見ていたような気がする

      http://anond.hatelabo.jp/20130913141354 結婚だけど、こればっかりは組み合わせの問題なんで、仮に嫁さんに問題が無かったとしても、どうしようもない事もあるんじゃないかな(と私は思っている...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      単に結婚すべき相手と出会ってないだけじゃ無いか 20代前半でそんな人と出会えるひとラッキーな人はほとんどいない気がする

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      心の底から一点の曇りも無く「結婚してよかった」と思える人ってこの時代のこの国にどれだけいるんだろうね。 社畜がそう簡単に会社を変えられないのと同じように、合わない人とそ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      まったく同感だよ。 表面的なスペックが高めなのもあって2年前くらいから同世代の女からアプローチされることが 目に見えて増えたけど、結婚という社会的ステータス獲得のために相...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      嫁とまだ恋人同士だった頃に増田に書いた話を思い出したので貼っておく。 すっかり忘れてたけど、トラバの残骸を見ると前にも一度リンクしたんだなw しかしもう5年半も経つのか…。 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      どんなに言葉にしてもそれが本心なのか、また、その考えを一生貫けるかなんて誰にもわからないと思うんだよね。 本人が今強くそう思っていても、いつその考えを脅かすような出来事...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      離婚することがあっても、それはそれでいいんだよ。 人生なんて思い通りにいかないのが当たり前なんだから。 もっとワガママに生きろよ。

    • anond:20130913141354

      それは最初っから家族をもとめすぎてて謹慎壮観でもなけりゃムリ。 誰だって最初から家庭的じゃないよ。今の君も家庭を持つ準備はできてない。 結婚してからようやく人の家庭属性が...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      え、普通によかったって思ってるよ そうじゃない人のほうが本当に多いなら驚きなんだが 価値観はちょっと違うけど、それなりにお互いの価値観を認められるし なによりも相手が自分...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130913141354

      既婚 俺が恋人や伴侶に求めるのって、必要最低限の経済的な状況とか外見とかを抜きにして 「価値観が一緒だね」とか「お互い心の拠り所に出来たら良いね。」みたいな事だけなんだ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん