「天洋食品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 天洋食品とは

2011-05-06

食中毒事件とその後

マンナンライフ

凍らせて喉に詰まらせて死亡、政治パフォーマンスの標的、間違った食べ方させた保護者にはお咎めはな

→超小型化

不二家

賞味期限偽装、被害者なし →店舗の閉鎖後、山崎パン出資支援して復活

白い恋人

賞味期限偽装、被害者なし  →販売停止、製品検査を徹底し100日後に改良製品の販売再開

赤福

賞味期限および原材料偽装、再包装、被害者なし →賞味期限印字方法の徹底で3ヵ月後に営業再開

ミートホープ

食品偽装、ミンチにパンや血液や腐敗しかけの肉などを混ぜる、被害者なし

→廃業、社長逮捕起訴不正競争防止法違反(虚偽表示)と詐欺の罪で懲役4年の実刑判決

船場吉兆

食品偽装、食べ残しの使いまわしなど、被害者なし

→廃業届を提出、大阪地裁民事再生手続の廃止を申し立て、破産

雪印

病原性黄色ブドウ球菌による14000人超の集団食中毒重症者少数

グループ解体と再編、現地調査導入、3年ごとに更新申請が必要な、「総合衛生管理製造過程」見直し

ペッパーランチ

集団レイプ食中毒被害者23

レイプ店は閉店、肉を加工した岐阜県の業者を東京地裁に提訴、現在普通に営業中

中国毒餃子

メタミドホスによる中毒重症数名

中国警察当局に天洋食品の元臨時職員が拘束される、日本では輸入停止

グルーポンおせち

産地・内容・賞味期限価格偽装、衛生状態不備、被害者多数

グルーポン広告を増やして活動中、バードカフェは店を変えて営業中

焼肉酒家えびす

作業工程省いたユッケ等による集団食中毒とHUS、3人「死亡」、重症数十名 

現在営業停止、マスコミ政府ともに静観

2010-03-30

警察庁困惑「検証しようがない」…毒ギョーザ

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000898-yom-soci

冷凍ギョーザ中毒事件を巡って、28日、日本の一部報道機関捜査の状況を明らかにした中国公安省。

 その発表では、呂月庭容疑者が事件に使った注射器メタミドホスを入手したのは、「2007年7、8月」で、同年10月1日、初めて冷凍庫メタミドホ スを注入した後、10月下旬と12月下旬にも同じように注入したとしている。

 ところが、08年2月に、福島県内の店舗で同じ有機リン系殺虫剤ジクロルボスが検出された天洋食品製のギョーザは、前年の07年6月に製造されており、 一連の薬物混入を、呂容疑者の「単独犯」とする中国公安省の見解では説明がつかない。これについて警察庁幹部は「一方的に発表内容が伝わって来るだけなの で、検証しようがない」と困惑した様子で話した。

 中国側は、さらに2本の注射器について「工場内の通路脇の下水道内に捨てられていた。今月21日に発見した」と発表したが、「事件から2年もたって、い きなり下水道で見つかったと言われても……」と、別の同庁幹部は首をかしげた。

2008-03-28

ギョーザ事件の真相

本当なのかな?でもなんか説得力あるな。

袋の外側からメタミドホスが検出された理由

1.天洋食品工場または倉庫にはネズミが多い。

2.袋詰めされた商品ネズミにかじられることがたびたび起こっていた。

3.ネズミにかじられないようにするため袋詰めされた商品メタミドホスをかけた。またはメタミドホスの入ったタンクに入れて浸した。

4.その際に袋が破れることがあった。

5.袋の破れたものは廃棄していたが、見落とされたものが日本に輸出され中毒事件が起きた。

袋に穴が開いていない餃子からメタミドホスが検出された理由。

6.袋の破れたものは基本的に廃棄していたが、

(見た目で判断して)使えそうなものは中身だけを再利用していた。

(廃棄する餃子が多いと上司から叱責されるため)

7.そのためメタミドホスに汚染された餃子が別の袋で新たに袋詰めされ

日本に送られ中毒事件が起きた。

中国政府は真相をすべて知っています。

このようなデタラメなことをしていたと発表したら

中国食品に対する信頼がさらに失墜することになるので

今回はしらを切り通すことに決めたものと思われます。

捜査を継続すると言っていますが今後新しい事実は何も出てきません。

2008-02-02

失敗したな

中国の調査団が天洋食品工場入った時点で証拠は隠滅されたと考えて良いわけで、

コレで事実上殺虫剤混入餃子真実を突き止めるのは不可能になったわけだ。

こういう場合ってさっさとを認めて状況改善に努めた方が良いんだけど。

まあ、それは日本での理屈であって、中国はそうじゃないだろう。

なんせ国営の工場で起きた事件だから、殺虫剤混入を認めてしまうと中国政府の管理の杜撰さや、輸出管理のザルさ加減ってのを認めるハメになる。

そうなると国ぐるみ責任を取るハメになるわけで。

結局、中国経済的損失よりも、国のメンツを保つ事が優先されたってことさ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん