「どん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: どんとは

2008-03-04

http://anond.hatelabo.jp/20080304210018

トータルパッケージかー。

ちょっとコンサルっぽいけど、それの請負までやる感じですかね。

これからはセレクトショップだ!みたいなことを誰かがいってたけどそれのソフト版かなー。

確かに面白そうですねん。

新しいWEBサービスソフトとか常にウォッチしてて、セレクトしてひとからげに提供すんの。

工業廃液で汚染された土地の再生・改良を請け負うトータルクリーンサービス

株式会社エスコみたいに、実際に削減できた経費をお客さんからお代としてもらうってのは、

市場としてはもっとのびてもよさそうだなとは思うにょん。

日本独自の宗教観(ヤオヨロズ…)とかを背景にした科学

宗教の輸出が実は一番競争力がありそうな気もする。。。

やおろずや物つき神みたいな思想は意外と海外一神教の人にも訴求力があるとおもうんだ。

ちゅうか増田はずいぶんアイディア豊富だね。

その調子でどんどんアイディアをだすんだっ!

アンチ存在アンチしてみる

俺には、アンチというものが理解できない。

俺は、どんなものでもできるだけ良い所と悪い所の両方を

見つけ出そうという気持ちでいつも生きている。

この歌手は好きだけど、ちょっと歌詞がアレだよね、とか。

この人は嫌いだけど、責任感があっていいよね、とか。

何故そこまで嫌いなものに執着できるのがが良くわからず、

さらにその嫌いなものが好きな人まで嫌いになるという始末。

要するにレッテル貼り

例としてはスイーツ(笑)とかニコ厨とかだな。

まあ、マスコミもずっとやってきたことなんだけどね。

オタクとかの世間一般のイメージとかさ。

とにかく、だ。

嫌いなものを嫌いだからという理由で完全否定する人が俺は嫌いだ。

そして、そんな人の良いところは、

自分の好きなもののアンチからはその好きなものの悪いところが発見できることだ。

http://anond.hatelabo.jp/20080304194239

ハローワークに勤めてた俺の知り合いも酷いいじめに遭ってた。

所長以下職場ぐるみだったから逃げ道なし。


仕事も出来て一見して要領の良さそうな奴が、自分のストレス発散のためにターゲットを作り出すなんてこともある。

「俺たちの仕事に支障が出るのはこいつのせいだ」みたいな感じで。

それも自然な心理誘導だから、周りも「そうだそうだ」と思い込む。

仕事が出来るからって、なんでもかんでも一人の奴に仕事押し付けてると、いつの間にかそいつがストレス溜めてモンスターになってる場合があるから。

こういうパターンだと上司もなかなか原因が究明できなくて、周りの同僚も一切そいつ(いじめを主導する優良社員)の変化に気がつきすらしない。

知らない間に職場の雰囲気がどんどん険悪になっていって、ついには会社経営にも影響が出る(→経験済み)。

さっき自転車

コンビニに出かけたんだ。雨が降ってるから花粉も大丈夫だろう。この隙に!って思って。

傘さしながら自転車で走ってたら途中で女の人とすれ違った。両手にスーパーの袋持ってた。つまり傘は持ってなかったんだ。

自転車でちょっと通り過ぎてから、引き返して彼女のところに戻った。で、声をかけた。

「傘、使いますか?」

そしたら彼女

「あ、すぐ近くなんで大丈夫です。」

って言ったんだ。だから僕は

「あ、そうですか」

って言ってまたコンビニに向かって走り出した。でも走りながらちょっと後悔し始めた。僕はもう少し強引に彼女に傘を渡すべきだったんじゃないだろうか。

誰だっていきなり道でそんなこと言われたらとりあえず遠慮というか断ってしまうだろう。彼女だっていきなり声をかけられてびっくりしたに違いない。

でもどう考えたって彼女は既に結構雨に濡れていたし、すぐそこっていったってもう少し歩くに決まっている。その間にもどんどんずぶ濡れになってしまうに決まっている。

僕はもう少し強引に彼女に傘を渡すべきだったんじゃないだろうか。

ぐるぐるぐるる

いやあ、溜まってたんで思いっきり出しちゃったら超すっきり!

おかげでぐるぐるしてたこともすっきりってほどじゃないけど片付いた。

どんなかたちでもたいせつなひとをたいせつにして、たいせつだといわれる

ことって、すこしだけこころがぽかぽかするね。

一枚、鋼鉄の刃。二枚、鋼鉄の刃。三枚、こうてつの、、、

やつらの手口は、出る杭を打つなんてそんな生易しいやつじゃない。

ときどきクレーンゲームのようにつまみ出す野郎もいるが、そんなのはまだ序の口だ。

それよりももっと恐ろしい。

やつらは出た杭を容赦なく切り刻んでいくんだ。

それはもう恐ろしい。

俺たちはくじけずに、次から次へと杭を空へと伸ばすんだが、

やつらは疲れを知らねえ、化け物だ。

何枚も重ねられた鋼鉄の刃が、俺たちの杭を次から次へと刈り取っていく。

朝と夜に気をつけろ。

やつらは大体、その時間帯を狙ってくる。

刈り取られる前に天まで届けば、こっちの勝ちよ。

さあ、皆、どんどん伸ばすぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20080303023929

http://anond.hatelabo.jp/20080303023929

こういうのを見ると、こいつはどんだけ頭がハッピーなんだと思う。

梯子が幼児期に性的虐待を受けていた。

これが事実なら、そのことに関してだけは、梯子は間違いなく被害者だ。

その件に関して、どんな落ち度も梯子にはない。

でもそれ以後のことは違うでしょ。

それを理由に、誰かに殴りかかったりしていいわけじゃないでしょ。

梯子が必要以上に煽られたりするのは、そう言うことをしてきたから。

自分で自分の首を絞めたわけだよ。

たしかに、人は人なんて救えない。

それは事実

でも、救ってもらえる部分もあるんだよ?

借金のことに関しては、司法書士弁護士んとこに相談にいけ。

どこで借金したんだか知らないけど、1回相談に行くだけなら無料だよ。(最近は、借金整理の相談は初回無料で受け付けてるところがけっこうある)

ネットに繋げる僅かな時間、あほみたいなエロ小説垂れ流してる暇があるなら、自分の行ける範囲内にあって無料借金関係の相談に乗ってくれる司法書士事務所弁護士事務所を探せ。

Aさんって人に「借金返すために風俗いくしかないかな」なんて呟いても、意味ないよ。

そんなこと言うのって、あわよくば、借金建て替えてくれないかな、なんて気持ちがあるんでしょ?

そんなズルイこと考えてたらダメだよ。

ただし、司法書士弁護士にはきついことを言われるかもしれない。

でもそれって当然だよね。

借金したのは自分の都合だもん。

利率だって契約時にきちんとわかってるわけで、それを返せないからどうにかして欲しいってのはとてもズルイことなんだよ。

それでも、借金があるときついって言うのはよくわかる。

だから、一度相談に行ってみるといいんじゃない? と私は言う。

日曜でも受け付けてくれるところもある。

あのエロ小説を打ってる間に、そう言う事務所を探して電話する、くらいのことしたほうがよほど建設的だよ。

借金が整理できれば今よりずっと楽になるだろうと思うよ。

それから、下着がガビガビになるほどの黄色いおりものは明らかに異常。

病気じゃないと思い込んでいるようだけど、普通じゃないから婦人科に行ったほうがいいんじゃないかな。

http://www.orimono.biz/2007/06/post_26.html

このへんを参考にどうぞ。

時代から取り残されているのは著作権法だけじゃない

町田は我慢できないなら本人が言っているようにmixiから引き払ったほうがいい。たぶんはてなからも。

今回の町田町山((すまん、名前間違えてた))みたいな話はうんざりするほど繰り返されていて、プロバイダ側のもくろみは結局一貫している。

広告媒体や新規ビジネスに利用しようとすれば、ああいう再利用の話になるのは当然。たとえば、

無償
広報に使うたびに金を取られたんじゃたまらない。
頒布
そりゃ広報って頒布するものですよ。
改変
てにおはぐらい変えますよ。あと、blogで送信していても広報に載せられないとか、一部引用とか。
弊社に対して著作者人格権を行使しない
いちいち訴訟されていてはたまりません。

広報だけではない。そもそも新規ビジネスを経ちあげるときに使うことだってある。新規ビジネスコンテンツ0ではじめるのと、丸々今の会員をシフトしてmixiコンテンツバージョンアップあるいはサブセット、修正版としてたちあげるのはまるでビジネスが違う。

サービスプロバイダサービスをただで使わせる代わりにコンテンツをただで使って飯を食っている事を忘れてはならない。こんな話は何度も繰り返されているのだが。

「なんに使うか明記しろ」というのは、一見もっともであるがこれこそが時代から取り残されている証だ。明日になったらどんサービスが開発されるのか、見当も付かない時代じゃないか。見当も付かないサービスの事を書く事はできない。

要するにそういうこと。自分が書いた事が他人の懐を一円たりとも知らないところで潤すなんて許さん、と言う人は、有料ホストに自分でCMSを立ちあげるといいよ。

http://anond.hatelabo.jp/20080304112341

追記:さんざんあおっといてなんだが、mixi日記の非公開性ってどの程度なの?mixi会員ならだれでも読めるのかな。公開性の保証って契約ではどうなっているんだろうか。つまり、mixiユーザーの非公開設定にどの程度責任を負いますよってのは契約内容にあるのかな。

http://anond.hatelabo.jp/20080304021416

他人を騙して己の幸福の踏み台にしようとする者は未来永劫幸福には辿り着けない。

そう単純に、「人騙す奴は絶対幸せにはなれないんだー!」っていきゃー楽なもんだけどな。

現実は残念ながらもっとシビアだよ。

何をしようが幸せになる奴はなるしどんないい奴だろうがなんだろうが幸せにならない奴もいる

どれだけ品行方正にしていようが理不尽に危機に見舞われることもあれば

悪いことばっかやってるくせに幸せ人生を送りとおす奴もいる

現実は「悪い奴は悪い結果になる」なんておとぎ話のようにはできていない。

人間のそんな勝手な「悪い」「いい」なんて価値観は面白いほど関係なく、ただただシビア現実だけが過ぎていく。

ただ、まあ、そう思わないとやっていけないというのは分かるけどな。

だあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

何回やっても何回やっても、どんなふうにしても自分を肯定できない!!!!!!

ものすごい名誉や大金なんていらないんだ。

俺ははただ人生を肯定したいだけなんだ。

何で神はこんなにも人を不公平に作ったのだ。

一方では、何の苦労もなく自分や人生を好きでいる人間がいるというのに!

くるしい。

そしてこんなときは、優しく親切な人までも憎らしく思える。

なぜなら、そいつは生を肯定できているからだ。

それが嫉妬、八つ当たり逆恨みなどのいわれのない憎しみだってわかっているのに止められない。

わかっているから醜さを自覚して嫌になる。

苦しいときにまで「いい人」であろうとするから余計苦しいのだろうか。

でもそれが人間じゃないのか。鬱屈しても人間的でありたい。

2008-03-03

振られそうだ

年齢を重ねてからの失恋は、本当につらい。

ていうか、まだ振られてはいないから、つらそうだ。きっとつらいだろう。でもその可能性が大。

自分の未熟さが、年齢の分だけ自分にはね返ってきている。

お前はさ、この○○年、何やってたんだ?

その間に、どんだけ成長したんだよ?何も学ばず、同じことを繰返しているだけじゃないか、

取り返しの付かないことが世の中にはあるって、そんなの10代の頃に、とっくに気付いていたはずじゃないか、

お前には、決定的なものが欠けているんだ、

そう問い詰められて、正気を保っているのがつらい。

一日中鼓動が早くて苦しい。

もう、そういう高鳴りを、高揚感とともに感じられるような年じゃないんだろう。

でも、きっと発狂もしない。

俺が、本気で自分が悪いと思ったりはしない人間だってことを、今の俺は知ってる。

空虚感に酔っていられるのも、限りがあるんだって、人の感情ってそういうもんだって知ってる。

原因は全部自分にあったんだ、て思うこと自体、自分に酔ってる証拠じゃないか。

教えて!終風先生!て叫びたいけど、何を聞いたらいいのかも、今よく分からない。

スルー力って何なの?

いかにもはてな村住人の使いそうな言葉だけど

裏を返せば、コレが必要な人ってどんな事にでも首突っ込んでウザがられてる人って事だよね

女という身体は面倒だ

月に一度、もうメンドクサイから死んでもいいよとか、世界全てが理不尽に感じたりとか、どんどんマイナス思考で攻撃的になる時期がある。

どうしてそんな風に作ったんですか、神様

再:ニートヒッキーフリーターに朗報

引きが少ないなあ。

おまえらどんだけ金持ちなんだ。

120万円じゃ少ないかな。じゃあこれならどうだ。

国債40兆円を、貧乏な成人2000万人に200万円ずつ配分することとする。

働かずとも政権狙えるってばさ。

誰だ。事実上そうなってると言ったやつは。

ディテール

Dreamweaverなどのソフトを使ってのweb製作から始まって、今ではTABLEまたはCSSどんグラフィックデザインでも表現できるようになった。

仕事の中でFlashを使ったモーションデザインも必要となり、それも覚えた。

昔から興味があったPerlPHPデータベースの使い方もなんとか覚えた。

約10年間web製作という仕事をやってきて、今までは常に「覚えること」 があった。

そして一通りのことが出来るようになった今、かつての情熱が冷めつつある。

少なくとも、随時入ってくるweb製作依頼をさばくことに関して、以前ほどのやる気を保てない。

写真クオリティを上げたり Flashモーションデザインなどにさらにこだわって情熱を取り戻すか。

PerlPHPだって、「極めた」なんて状態とは程遠い。

まだまだ細部を煮詰めることはなんぼでもできる。

だが1件1件にこだわればこだわるほど、労力はさらに増える。

1件の単価が上がっているわけではない以上、これ以上の細部へのこだわりは自滅を招きかねない。

簡単に言うと「いつまで経っても完成しない」。

このようなことを愚痴っていたら、知り合いの小説家に「それはディテール病だ」と言われた。

彼自身今まで約10年間、かなりのペースで小説を刊行していたのだが、このディテール病にかかった途端に一気に執筆ペースが落ちた。

治し方もひょっとしたら知っているのかもしれないので後で聞いてみるが、この「ディテール病」という言葉は一般的にはなんというのだろうか。

技術力が落ちているわけではないので「スランプ」という言葉にはあたらないと思うのだが。

強いて言えば「飽きた」←これも職人としてどうかと思う

http://anond.hatelabo.jp/20080303042540

前のバリエーションで、条件を追記・変更した増田です。

あなたは玩具メーカーに、他の4人はゲームメーカー就職した。

ゲーム業界は人気は高いが競争も激しく、玩具業界煽りを喰ってかなり厳しい。

そのため1社単位で見た場合、生き残る確率はほぼ同じとなる。

少子化の影響で、4年後に生き残れるのは1社のみだとされている。

さて、3年目でゲームメーカーの生き残りはDの1社に絞られてきたが、

ここであなたは玩具メーカーからゲームメーカーD社に転職すべきか否か。

では、またちょっと整理してみます。

  • 2年目:3年目に、卒業時に就職した先の会社倒産する可能性
    • CD「あなた」のすべてにおいて、33%
  • 3年目:4年目に、卒業時に就職した先の会社倒産する可能性
    • D「あなた」のすべてにおいて、50%

ということで、http://anond.hatelabo.jp/20080302124828と同じように整理されてしまいます。ですので同じように、「あなた」がDの会社転職してもしなくても、「自分の会社倒産する」ことになる確率は変わりません。

これも確率に「モンティホール」のような重み付けが発生しない理由は、元祖「モンティホール」でいう「回答者が最初に扉を開く」にあたる条件がないから、ということになります。玩具メーカーゲームメーカーと分けられていますが、条件を「1社単位で見た場合、生き残る確率はほぼ同じとなる」だけにしているため、業界を分けた意味がなくなってしまっています。

こうしてみてはどうでしょうか。追記・変更した条件部分は太字で。

あなたは玩具メーカーに、他の4人はゲームメーカー就職した。

ゲーム業界は人気は高いが競争も激しく、玩具業界煽りを喰ってかなり厳しい。

そのため1社単位で見た場合、生き残る確率はほぼ同じとなる。

しかし、3年間は玩具メーカー倒産しない理由があるどんな理由だ?となりますが、玩具業界にはどこかから援助があるとか、そこは本筋と関係ないので何とでも)。

一方で少子化の影響で、4年後に生き残れるのは1社のみだとされている。

さて、3年目でゲームメーカーの生き残りはDの1社に絞られてきたが、

ここであなたは玩具メーカーからゲームメーカーD社に転職すべきか否か。

こうすると、

というわけで、「あなた」の会社は生き残る可能性がDより少ないので、転職した方がいい。という結論になります。

ところで、このバリエーションだと、「ドロップアウト要素」が会社ということでまとまっているので、http://anond.hatelabo.jp/20080302122453増田さんご指摘の問題は発生しないということでよろしいでしょうか。

http://anond.hatelabo.jp/20080301081841

お前がニート馬鹿にしていないと己を保てないだけだろ。

ズバっと小気味よく物言いをしちゃったね。

これを書いた増田

  1. 下に見られたくないただのニート
  2. 自称ニートの味方を名乗る、ニートにとって下滑りのいい感性を持ち合わせつつニートにとって気持ちの悪い意見を排除しようとする社会人
  3. まさか
  4. 本当に第三者

のどれかに近い属性の誰なのかによって

お前がニート馬鹿にしていないと己を保てないだけだろ。

この真意は読み取れないんだけど、

仮にこちら側では仮にそのどれもに共通して腹が立ってるんで、

なるべく共通するところだけで反論してみる。

別に俺が繰り返し主張したいことは

「ボクはニートという下の存在馬鹿にしていないと己が保てなくなるんです」

ということではないので、そこはどう思われても結構なんだけど、

親を脅してでも養ってもらうことでした。ある意味でたくましく生きていると言えると思います。

こんなこと言ってる元記事だぜ???

いいの?ありなの?何も感じないの??

世間は厳しい。特に今30歳から34歳という年齢の人に対して厳しかった。今も厳しい。世間は容赦なく駄目人間を見下す。

追記: それでも、甘えんなって怒られるのは分ってるから、増田に書いた。増田は31歳です。

(*1) 1999年12月1日労働者派遣法改正(派遣業種の拡大)

追記: ありがと、僕らのダンコーガイ! マジで反応あってうれしす。

「働きたくねーし生活水準を下げるのも厭。

親を脅せば生きていけるしある意味たくましい。

でも世間の目は厳しいから俺ら傷付いたよね。

どうしたらいいの?ダンコーガイ

あ、ダンコーガイとか反応あって嬉しいwww」

お前がニート馬鹿にしていないと己を保てないだけだろ。

人間として許せなくね?ましてや同じ世代を語る記事で。

もはやニートとか関係ないって。

しかも繰り返すが魚拓とっとかなかったのが本当に残念だけれど

あ、自分元増田ですけど俺は東証一部上場企業の社員っす。

まあいつ首切られるかはビクビクしてるんで、傷を負ってるって意味ではニートと同じっすけど。

東証一部上場企業のこの俺的に同窓会でこの年代のニートがいっぱいいて重い空気で楽しめないんで書いただけっす

みたいなこと返してきやがって、流石に本人もこれはまずいと思ったのか何時間かで消しやがって、

(本当に繰り返してごめんが、消されたのが残念。今更再アップされても都合の悪いところを再編集されてる証明がこちらでは出来ないし)

あんまり本人が消した記事にまでは言及したくないんだけど流石に(本当に元増田本人の連続であれば)元記事を書いたスタンスをさらに疑う内容だったので捨て置けないため、

誰かを見下してるか見下してないかで言うと、現時点では元増田本人は完全に見下してる。

ついでに

親を脅してでも養ってもらうことでした。ある意味でたくましく生きていると言えると思います。

スルーできてる奴も見下してる。

というか怒ってる。

俺だって30-34世代で、能力が無かったのか、どんだけやっても希望する仕事にはありつけなかったけど親にこれ以上負担してもらうわけにも行かないので自分の生活水準を落としながらも必死に10何年と働いてきて、

周りもみんなそうだし、そうなのばっかりなのがこの世代なわけだし、

ニートにはそれほどスペシャリストほど詳しくは無いけど、

ワーキングプアには片足突っ込んでるから他人事じゃなく真剣に考えてる、

そういう世代なのに、

「外部からワーキングプアニート見下して、かろうじて自己を保ってる」

としか見えない、あまつさえそれをわざわざ一行だけでも発表してる意図が判断しかねる。


東証一部上場企業((念のため書くけど俺はこの場でこの言葉コンプレックスは無いが、本人と名乗る増田が聞かれても無いのに名乗ったんだからこっちとしても言及しないと仕方が無い))の社員が、

同窓会で場が重いからこの世代は心に傷を受けてるし、そら親脅してニートとかある意味逞しいわな。ってことにして楽しい同窓会したいぜ。追記(逃げ道)、甘いと言われれば甘いけど。さらに追記、あ、ダンコーガイってネタがわかる人にだけわかって嬉しいですw」

とか言われてて、何も意見が言えない人って、相手がニート東証一部上場企業社員かどうかに関わらず俺は本気で怒るし、

本気で怒ってる人って確かに第三者からみれば滑稽に映るし、

本気で怒ってるから文字だけでは辛らつに物事を伝えすぎてて少し見下した視点で伝えたりもするし、

そういうのをひっくるめてニヒルを気取った少し茶化されたようにたった一行だけ反論あっても、こっちとしても反応したくなるし、

30-34歳のような苦しい時代を本気で10何年と傷ついたり苦労した人間に向けて、俺は元益田ほど一見小気味よく舌滑りのいい言葉馬鹿にした視線で侮辱された文章は無いと思っているので、

俺の言葉が気に入らないならそれでもいいと思う。

上滑りだけはいいけど実際ニート馬鹿にした意見は共感されて、

自分が言ってることが「ニート馬鹿にして己を保ってる」と発表されることは正直頭にくるし、((もちろん、他人の意見が通って悔しくて自分の意見は反論があるのが悔しい、という意味ではなく、世代として大勢の仲間が馬鹿にされた意見が立ってるばかりで、耳に体に精神的に苦労した世代が多少耳障りの悪い意見を一方的にステレオタイプに茶化されることが頭にくるといっている。念のため))

悔しいから今書いてるんだけど、10や20ならいざ知らず、本当に30から34の大人にとって今必要なのって耳障りのいい共感なの?

重たい荷物

片思いの人に、また会うのを断られた

今は仕事が忙しいから、という理由だった

一度断られてしまうと、二回目を言い出すのってむずかしい

また断られるんじゃないかと

そこを強く押し通せるほどの立場も度胸もありませぬ

なんせ私は片思い

ましてや仕事なら仕方ない

その人がどんなに忙しいかを私は知っているので、そこはわがままいえるはずもなく

だけど

断られたら死にたくなります

全部否定されたようなきもちになります

大げさかもしんないけど

私はまた会いたくて、ちょっとでも一緒にいたいなって思う

だって好きなんだもの

顔をみたいとか、きちんと話がしたいとか思うのって当たり前じゃん

…と、思ってたんだけど

いや…ちょっとまて

当たり前じゃないのかな…

そんなふうに思うのって、重たいのかなぁ

という考えも出てきた

いちばんいやなのは、私の存在が重たく感じられてしまうということ

むかし、とある楽曲で

「僕の存在が君の重荷になるなら その荷物もぼくがもちます」という歌詞があったのだけど

あれ、どうやって持つんだろう

人のきもちを、他人が持つことってできるのかな

たとえば

ふたりで会うときには、明るく楽しく過ごせるように配慮したりとか

もしその人に悲しい出来事があったら

少しでも元気になってもらえるように励ましたりとか

そういうことなのかな

だけどほんとは、その人ともっと一緒にいたいと思ったり

ときどきは泣き言を言ってみたくなったりするんだけど

なんだろう

自分のことは後回しで、きもちを無理にグッとこらえているようにも思える

自分以外の誰かが重荷に思ってしまうきもち

肩代わりして持ってあげるって、そういうこと?

でもやっぱりすきだから

すきだというきもちは何らかの形で表現したいと思う

その人の思うことを優先したいというきもち

その人を想う、自分のきもちとのせめぎあい

どっちもだいじ

すごくだいじ

自分がその人を想うことで、その人の重荷になるかもしれないという不安と

それでもやっぱりすきなきもちを否定できなくて、どうしたらいいのかわからない不安

私、ほんとうにどうしたらいいんだろう

自分のきもちを相手に伝えたとたんに、必ず相手のこころにも変化があると思うんだ

いい方向に転べば、まったく問題ないけれど

そうじゃなかった場合

その人も、どうしたらいいのか分からなくなるでしょう

知らんぷりなんて完全にはできないだろうし

前と同じようには接することができないと思うんだよ

その人はうまい具合にスルーしてるけど、私にしてみたら、それはやっぱりつらい

私のきもちスルーしてるってことだから

と同時に、私も大人なら、それを同じように

自分の中で折り合いをつけるべきなんだって思っている

でもね、分かってんだよ

どんなにすきといってもすきになってもらえなくて

それを仕方のないこととガマンしてることが、どんなに無茶な話で意味のないことか

だけどそれを無視して押し通そうとしたって、それも無理な話だってことも

すきって伝えただけで、どうしてこうなっちゃうのかなぁ

それが「重たい荷物」になるのだろうか

なんだかんだ言いながら、相手のことをいちばんに考えているふりをしながら

結局は自分のことしか考えていないような気がしてきた

重たく感じられたらいやだといいつつ、自分のきもちは抑えられない

自分のきもちを相手に押し付けて、なんてわがままなんだろうと自己嫌悪に陥る

そういう自分が心底いやになる

卑屈で、情けなくて、その人のことばを待っている自分が

でもすきなんだ

その人のきもちを私がどうすることもできないように

自分のきもちを抑えることができない

こんな悪循環に、どうしたら折り合いをつけられるのだろう

会いたくて仕方ないきもち

わがままをいってはいけないというきもち

わがまま押し通せない片思いならではの立場の弱さと

それでもすきで、会いたいと思うきもち

あぁこれも勝手な言い分だ

全部まとめてその「重たい荷物」を私が持つとするならば

どうやって持てばいいんだろう

私が持って済むのなら、それで思いが通じるなら、いくらでも持つよ

だから誰か教えてほしい

重たい荷物の持ち方を

律儀にコメントしてくれる人

本とか映画とか漫画とかの感想書いてる普通ブログはてダではない)やってるんだけど、

エントリを書く度に毎回真っ先にコメントを残してくれる人がいる。

元々は別のSNSサイトで付き合いのあった人で、どうもSNSのノリの馴れ合いブログ

にまで持ち込んでいるようだ。

悪い人ではないが、友達でもないのに毎回毎回コメントは、はっきり言って重い。彼のコメ

トはとても真面目で中傷という訳ではないが、ネットによくいる評論家気取りというか、とに

かく厨二病くさい。

それでなんとなく疲れて毎日書いてたブログ更新をしばらくやめた。

一ヶ月程。

そして今日久々に更新してみた。

もう彼はこのブログチェックしてないだろう、やった、これで解放された!のびのびまた書ける

という爽快感を味わっていた。数時間更新ボタンを押すまでの私は。

ところが、さっきみたらコメント(1)

あーあ。

RSS購読してるのか、毎日チェックしてるのか知らないが彼はまだこれからもコメントし続け

る気らしい。

これまでも、やんわりと「いつもコメントありがとうございます。でもお忙しいでしょうし、

そんなにコメに律儀にならなくていいですよ」みたいなレスでアピールしてきたつもりだった。

でももう疲れた。

ついに禁止IPに設定してしまった。

もうこれで彼はコメントトラックバック出来ないだろう。(とりあえずは)

あー、スッキリした!はやくこうすればよかったんだ。

まあ、はっきり「うざいんでもうコメしないで」って言えばいい話だが。。。

そうは出来ない、臆病で偽善的な自分。

ほんと、ごめんなさい、卑怯だね、○さん。

でもでも、彼が今度コメントし、エラー画面が表示された時、どんな気持になるのかと想像すると、

ぞくぞくせずにはいられない。

2008-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20080302221357

それは握りつぶされないような努力をしようってことになるのでは?

できる人はしたらいい。それだけのこと。

そういう努力の方向もあることに気付かなかったり、あるいは具体的にどんな手を打ったらいいかわからなかったり、あるいは実際に有効な手だてがなかったのなら、それはそれで仕方がない。精一杯やったのだから(やってなくても)誰にも責められる筋合いはない。それだけのこと。

でも努力しろというと自己責任論はけしからんと叩かれるんじゃないの?

単に、「成功するまで努力しろ」といって、社会的責任みたいなものを本人に丸投げするのがよくないと言ってるだけ。

解決策の一つとして「努力する」というのを提案するのは自由。ただし、それが有効かどうかを判断するのは飽くまで当人だし、その解決策が妥当でないという批判も甘んじて受けなきゃいかんよ。まして、「努力する」という解決策を採用されなかったからと言って「失敗しても自己責任だぞ」なんて無用な捨て台詞を吐くのは余計なお世話。「お前は何様だ」と言われてそれで終了。

まともな大人に、人としての最低限の道徳とか社会の最低限のルールを守れ以上のことを軽々しく言うもんじゃないというだけのことだよ。そして、「努力しろ」というのがそんな「最低限」のことだとは俺は思わないからね。

「教えて断固害」といわれて「自分で努力しろ」と答えたら、横から割り込んできて「努力は万能じゃない」「ネオリベ」「自己啓発厨」とか言い出すのは言いがかりのような。

理不尽な状況に追い込まれた人が、具体的な打開策を求めているのに、それに対して筋違い精神論上から目線で語るというのは余りにも失礼だと思うが。単に、人の弱みにつけ込んで自慢話をしたかっただけとしか思えない。リア充系のブロガーってどうしてもそういうのが多いし、そういうのをありがたがって聞いてる奴が多いんだから救いようがないと思うけどね。

ひろゆきが殺されたら、2ちゃんねるは終わり

それだけのことだよ。

ほかの誰も運営できないし、類似の掲示板コミュニティを作ることも無理。

数年前ならともかく、現状では難しい。

誰かに、2ちゃんねる対抗のコミュニティを作って欲しい気がするけどね。

どんなことになるのか見てみたい。

2ちゃんねるにひどい目に遭っている人はたくさんいるはずなのに、法律を一歩踏み越える人は皆無なんだよね。

なんでだろ?

でもなんでそんなに必死に論点ずらそうとしてるの?

http://anond.hatelabo.jp/20080302205811

一度お見合いとやらをしてみたいと思っている。

有名私大理工学部大学院卒、一部上場メーカー研究所勤務。26歳。正直全く出会いがない。

生まれてこの方東京育ちで、周りにお見合いさせたがりおばちゃんとか見たことないんだよな。どんなものか興味はあるのだが。

http://anond.hatelabo.jp/20080302114638

なかなかいいこと言うね。

どんマクロ的な環境の変化も個人の努力・心がけで乗り越えられるとしてる点で努力論は自我が肥大しすぎてるし、逆に氷河期で失敗=人格全否定のようになるのは環境に対して自我が弱すぎると思う。

小中学生どんどんネットをやれ

http://anond.hatelabo.jp/20080301151922

こういうクダラナイオトナのクダラナイ社会を飄々とぶち壊してしまえ

思考メモ

後輩たちと遊ぶべきか遊ばぬべきか。個人的にはちょいと後輩と遊ぶのは苦手。誰かと遊ぶという時点でけっこう拒絶しちゃうタイプなのに、ましてや後輩と遊ぶなんて心理的に辛いものがある。まず後輩と何を喋ればいいのだろうか。どんな話題を振ればいいのだろうか。目線はどこに合わせていればいいのだろうか。何をして遊ぶのだろうか。不安要素が盛りだくさんだ。できれば参加は自粛しておきたい。しかしせっかく後輩が遊ぼうと誘ってくれているのだから行くべきなのではないかとも思うし、なにしろもう会う機会もほとんどない。M(友人)が○○部OBの会みたいなのを作ろうといっているのだが、それが実現するかも分からないし、どちらかといえば計画倒れしそうだし、実際にそういうものができたとしても一つの同窓会として機能するかも分からない。後輩と接点を持てる部分がほぼない。今遊んでおかなければもう会うことすらもないかもしれない。いま後輩達と俺含む3年のつながりは切れ掛かっているのである。遊んでおくべきなのではないか。だがやはり不安は残る。××(遊ぶ予定の場所)で何をするかも分からないし、誰が来るのかも分からない。S(友人)は行くだろう。一人では行かないかもしれない。だが誰かもう一人参加するとなればほぼ行くことにするだろう。Mはどうだろう。どちらかといえば友人との戯れは好きそうだ。後輩達とのお遊びとなればどうだろう。行くだろうか。まあ行くだろう。同級生も後輩もあまり関係なく遊ぶだろう。上下のしがらみに関して言えばたいした束縛感を感じてはいないだろう。ゼロではないろうが。A(友人)はどうだろう。行くだろうか。微妙なところではある。基本的には行くだろう。彼もなかなか社交的な部類である。地元で培ったであろう社交性はおそらく後輩達との交流においても生きるだろう。おそらく参加だ。では俺は?正直、面倒ではある。後輩達とめちゃめちゃ仲がよかったわけではないし、話をするのもどちらかといわずとも苦手だ。遊びに関しても大勢より一人遊びのほうが得意な部類だ。それに××というのは巨大なゲーセンみたいなものではないのか?もちろん4,5人で遊べる施設や環境も整ってはいるだろう。だが主に筐体型の1、2人用ゲームメインではないか?となれば必然的に1対1のコミュニケーションをとらざるを得なくなるだろう。そのとき俺は円滑なコミュニケーションを行えるだろうか?非常に不安である。まとめるとこうである。後輩達と交流できる機会は今回を逃せばもうないだろう。だが俺は後輩と遊ぶのが非常に不安であり気が進まない。さて、行くべきか、行かざるべきか?いまの俺自身の心持ちでは「まあ行ってもいいけど、ちょっとなあ」である。世間体を気にしているいつもの自分であればおそらくしぶしぶではあるが行くだろう。実際楽しめるかどうかでいえば、・・・まぁ楽しかったな、くらいの感想にとどまりそうではある。俺の中での一番の問題点は「後輩の背が高く、俺の身長が低いゆえにコンプレックスを覚えてしまい遊びに集中できなくなる点」なのである。これがキモだ。もし俺が高身長青年の高ランクイケメンであったなら二つ返事で行くだろう。ようは俺の気持ちしだいなのである。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん