2021-04-04

槇原敬之ジェンダー

オープンリーゲイと言っていいかからないが長い間の男性恋人がいたようだし(なんか別れたとか別れないとか書かれてましたがともかく)とりあえず本人は同性愛者だろうと思っています

でもまあ男女の恋愛男目線で「彼女」とのことを描いている曲はたくさんある。

それで久々に聞いてて気になったんだけど槇原敬之の曲の「ぼく」のジェンダー役割観はすごい。すごい昭和だ。まあ昭和の曲だから当たり前なんだろうけど、おそらく結婚しているわけではなさそうな男女関係で、でも一緒に住んでいる「ぼく」は家事を一切やらない。ボタンが取れた服は彼女がいなくなってしまたことを噛み締めるアイテムだし、自分食事を用意することも覚束ない。ナチュラルに、全ての雑事は「彼女」の仕事で、彼女感謝しているのは日々の雑務をやってそんなダメなぼくの世話を見てくれてありがとう!みたいなストーリーがめちゃくちゃ多い。

それを「おいしいパスタ作ったお前」みたいなマッチョな語り草ではなく「ぼく」と「彼女」っていう一見ソフト村上春樹モダン言い回しゴリゴリに旧世代価値観からなんか戸惑う。

たぶん槇原敬之本人は周りの男女(それもバブル時代の)を参考にして描いて、そのころはそういう女が家事!女は男の面倒見る!みたいなのが普通だったんだろうが、本人が男女の性別役割のない恋愛関係を築いているのに、母ちゃんダメな息子みたいな変な男女の不均衡な関係を描くことになんか疑問とか抱かなかったんだろうか?

それとも氏の恋愛関係ひいては昭和同性愛カップルは男女の性別役割模倣した擬似男女関係みたいな感じだったんだろうか?

  • 昭和の同性愛カップルは男女の性別役割を模倣した擬似男女関係みたいな感じだったんだろうか? そんなことはない。昭和と令和が違う点は、出会う場所に関する問題「だけ」。ネッ...

  • ゲイのカップルをみてると、タチ、ウケ、って割とはっきり分かれるし、 役割分担っていうのは明確にあるんですよ。 それは性交渉以外の2人の生活の場面でも、家事はどっちが主に任...

    • そうなのか。自分の周りのゲイはハンプティダンプティみたいに背格好も顔つきもなんか似通った見た目のカップルが多いから男女役割があるようには見えないけど当事者からしたらそ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん