2014-11-24

小田原小山土浦まで休日お出かけキップ+格安レンタカーが、首都圏では最も合理的

東京圏家族が、朝7時前に家を出て、東京100キロ圏迄休日ドライブして、夜21時~22時までに帰っていく、の典型的な行楽ドライブパターン

クルマがない家族場合、「カーシェアの24時間パックが最安」と自分は思っていたが、実は郊外部まで鉄道で行き、格安レンタカーを借りた方が安い。

この場合、「都内格安レンタカーを借りる」だと、うまくいかない。

何故ならこの手の格安レンタカーの営業時間はおおむね8時~20時なので、都内を出発する時間に開いていない。

http://d.hatena.ne.jp/itarumurayama/20141110で調べてるが、「JR休日おでかけきっぷ」の最遠駅で、格安レンタカー駅前にある駅が結構ある。小田原小山土浦など。

その駅まで鉄道で行き、そこで格安レンタカーを借りた方が安い上、何より「渋滞回避できる」というメリットがあまりにも大きい。

実際に試算。前提:夫婦小学生2人、都内からだと往復200キロドライブ、現地だと100キロドライブ

カーシェア都内で借りた場合。24時間パック8,230円+距離加算3,200円+往復高速代4,000円=15,430円

ちなみに練馬インター高崎インター休日片道2,250円、川口ジャンクション栃木インター休日片道1,910円。だから、まあ往復の高速代4,000円は妥当計算

一方、例えば小山土浦まで家族JRで行き、そこで「ニコニコ」「ワンズ」レンタカーを借りた場合

休日おでかけキップ大人2人子供2人で8,000円、格安レンタカー代3,000円、ガソリン代1,000円。つまり合計12,000円。15,430円より安い

仮に「都内JR最寄り駅まで、朝も深夜もタクシー利用」しても、往復タクシー代で2,000円加算して14,000円。これでも都内カーシェア借りるより安い。

小田原小山土浦まで行けば、高速道路休日渋滞をかなり回避できる。

あるいは、「全員が中学生以上」の大人料金4人で計算しても、ギリギリ現地までJR+現地で格安レンタカーを借りた方がトクになる計算もっとも、この場合タクシーに乗るだけの余裕はないが。

ちなみに、子供のうち1人、2人が未就学児なら、もっと鉄道+現地レンタカー」が有利になる。但し、その場合ベビーカーとか大変になるが/その分、グリーン車を奮発することも可能にはなる

休日お出かけキップ」+「格安レンタカー」というハイブリッドな組み合わせを提唱しているサイトって、ないんだな。推測するに、これが首都圏では超合理的なカー&レールライフになる筈だが。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん