2013-05-14

不妊治療しんどい

30代なかば

元はといえば男性不妊が原因で、不妊治療中をはじめた。

重度の男性不妊が判明したため最初から顕微授精を行っているが、

一人目は幸運なことに一度の治療で授かることができた。

これに気をよくした私は、二人目、三人目も

治療さえすれば授かることができると考えていた。

一人目が2才になったころ、二人目の治療を始めた。

一人目の治療ときに採卵し、顕微授精させ凍結させた杯がまだ3個あった。

1個目の移植は着床。

成功にも、出産にもなんの疑問も持たなかったが10週ごろ初期流産した。

歩いていると、ぬるっと血の塊が出てくるのがわかった。異様な感触だった。

ただ、このときほとんど落ち込むことはなかった。

まだ凍結杯が残っているし、

100発100中するという考えのほうが甘いと納得した。

2個目の杯は、着床しなかった。

このときもあまりショックは受けなかった。

いままで2回移植して、2回とも着床したのだから

そろそろ着床しなくてもおかしくないと納得した。

3個目の杯も、着床しなかった。

このときはさすがにショックだった。

結果を告げられた瞬間、体温が上がり、

動機と赤面が抑えられなくなった事を覚えている。

隠して、人生二度目の採卵がスタートした。

受精卵の移植には一回20万~30万がかかるが、

採卵はその非ではないほどお金がかかる。

一本数万する注射毎日打ち、卵子を育て、

40万~50万かけて採卵する。

元はといえば男性不妊が原因だが、

年月がたち、

年齢こそが大きな不妊の原因となっている事は明らかだ。

年齢は30代後半になっていたが、

幸いにも複数採卵ができ、

うち4つが受精卵となった。

そして移植。着床した。順調に育った。

不妊治療のクリニックから産婦人科に転院し、母子手帳ももらった。

そして、母子手帳を持って受けた最初の検診で、胎児の死亡が確認された。

二人目の子供は、おなかの中で死んでいた。

がんばったね、ありがとう、と泣きなが検診の二日後に死産した。

それから4ヶ月後。治療を再開。

二度目の採卵ののち2回目となる移植は、着床しなかった。

着床しなかったことそのものについては

あきらめがついたものの、

焦りは加速した。

失敗した場合は、1周期休んでから再度治療となる。

まり、一度失敗すると、その周期をあわせ4ヶ月がたってしまう。

30代の終わりがせまっていた。

今度こそ、と挑戦した3回目・・・・・・

通算6回目の移植は、着床まではこぎつけたものの、2回目と同じく初期流産となった。

一度妊娠判定が出て、

今度こそと喜んだ直後の事だ。

下着についた大量の血を見たときは、

から血の気が引き、目の前が真っ暗になった。

これが、つい先日の話だ。

恐ろしいのは、ここまでしてまだ

あきらめがつかないという事だ。

もう一人、いとしいいとしいかわいい子供がいるというのに、

なんと欲深い事だろう。

今日も私は、

自分よりも長く、

自分よりもたくさんのお金をかけ、

自分よりも年上で妊娠できた人の文章を

ネットで探しながら

2ヶ月後の治療に向けてお金を稼いでいる。

精神的にも金銭的にもきついが、

かけたお金にも時間にも後悔はない。

何より治療のきつさがふきとぶような喜びを、

傍らにいる子供は与えてくれる。

ただひとつ後悔があるとすれば、

それは子供を作ろうと思った30代前半のころ、

すぐに夫婦検査に行かなかった事である

妊娠しないのはタイミングが悪いと思い2年がたち、

原因は私にあると考えさらに1年近くが過ぎた。

男性不妊が発覚したのはその後だ。

どちらのせいだという話ではなく、

夫婦ともに、不妊に関する知識が少なすぎた。

あの無駄にすごした3年がなければ、

治療を3年早くすませていれば、

もう一人子供を授かることは

ここまで難しくなかったかもしれない、と思う。

女性手帳が話題となっているが、

妊娠女性だけの問題ではない。

男女二人の問題である

男性にも、女性の体に関する正しい知識と、

そして不妊の原因は男性にもあるのだという事を、

若いうちにしっかり知っていて欲しいと思う。

単に治療過程を文章化することで

気持ちを落ち着かせるつもりが

説教くさい結論を書くに至ってしまった。

しかし気持ちは少し落ち着いた。

このような場を設けてくださるはてなありがとう

そしてもしここまで読んでくださった方がいらっしゃるなら、

その方にも感謝したい。ありがとうございました。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130514124434
  • 不妊治療という博打

    そもそも不妊治療は、現状の医療技術ではどうしても『博打』である。『治療』という言葉のチョイスが誤解を生みがちであるが、そもそも医学は万能ではないし、不妊治療は先端技術...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130514175634

      不妊治療を途中でやめた♀です。 結婚20年。子供がいなくても幸せだけど、望んだけど手に入らなかった挫折感がずーっとつきまとってます。 友達同士で子供の話題になると、コメ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130514124434

    不妊治療は、本人が子どもを望んでいる状況であろうとも、かくもつらい。 これを本人が望まないにもかかわらず強制的にやらされていた某国の皇太子妃を思うと気の毒で気の毒でしょ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130514234857

      しかも国民も薄々男性不妊じゃねと思っているのに(あの家系は子供居ない人多いしな) 誰もそう指摘出来ないしな 妃の方は結婚前に妊娠可能かどうか徹底的に調べられてる筈なのにな

  • http://anond.hatelabo.jp/20130514124434

    2003年まで妃の主治医だった堤治元東大教授(専門:不妊治療)は指摘してたんだろうねえ。

  • かつて不妊治療してたけど

    http://anond.hatelabo.jp/20130514124434 結婚してなかなか子供が出来ず、俺は割とのんびり構えてたが妻が不妊治療に踏み切った。 人工受精を一年ほど続けて結果が出ず、体外受精に踏み切った...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130514124434

    不妊が社会問題となってる昨今、   「避妊治療」とは、「中絶」ビジネスに継ぐ産婦人科医の新たなドル箱なのではないか、 また、できちゃった婚をしている人は、「結婚前に作っち...

  • ブクマにアホウがいるので突っ込み

    http://anond.hatelabo.jp/20130514124434 hungchang 増田 考え方 もっと養子が当たり前になればみんな幸せになるんじゃないかな。諦めるのでなく、ポジティブに選択できるくらい。血縁主義が憎...

記事への反応(ブックマークコメント)