2019-01-13

NGT48の件を一般企業に置き換えてみる

文具メーカーA社がシャープペンシルの新商品を開発し、販売した。

販売開始してしばらくすると、消費者からシャープペンシルが爆発するという苦情が届いた。

A社は自社内で製品調査をするので、消費者センター警察への通報は待ってほしいと顧客に伝えた。

1ヶ月が経過しても、A社から顧客への説明は無い。それどころか、爆発するという事実隠蔽したまま販売を続けた。

痺れを切らした消費者SNSで事の顛末を発表。瞬く間に拡散し、A社は自社HP内で言い訳じみた声明文をアップ。肝心の爆発の原因については不明瞭なままで、製品仕様調査結果についてもぼんやりとした書き方をしている。当該製品はこれから販売を続けるらしい。

今回のNGTの一件を企業の行動として置き換えてみたけど、結構難しい。いろいろ我ながらツッコミどころはあるけれど(被害者消費者に置き換えてしまたこととか)、もっといい表現を思いついた人は是非教えてほしい。

アイドルって、すごく乱暴な言い方をすると商品のものメーカー商品問題があったときに嘘の調査報告するんだろうか?そんなの許されるんだろうか。

問題があったのに、責任逃れに徹するなんて企業としてありえないと思うけれどね。

刑事事件にもなりうるし。

ってとこまで書いてたところ、サンジャポ須田亜香里が今回の事件について言及してるのが目に入った。

必ずしも運営側だけの責任ではなく、アイドルとして品格に欠けるメンバー責任でもあるって言ってた。

かになーと一瞬思ったけど、よく考えたら品格に欠けるメンバーを世に送り出してるのが運営アイドル一人ひとりが独立して自営業みたいに活動してるなら話は別だけど、NGT運営会社が挟まってる。

須田亜香里が言ってるのは、悪いのは会社側ではなく粗悪な商品のものってことでは。

それってどうなの。

品格に欠けるメンバーを生み出し、メンバーの統制を取れなかった運営が悪いと思うな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん