2018-10-28

2018年10月28日の日記

少し前に、○勢丹では、2度と買い物しないと誓ったが

やっぱり、「三越伊勢丹、「前言撤回→3店閉鎖」の深刻背景」だそうだ。

本当の背景は、社員を大切にしない社風が、お客様に伝わったってことだと思うけど。

うちの事業体も、またリストラしようと、いろいろ画策している噂が、ちらほら聞こえてくる。

本人たちは、漏れていないと思ってるんだろうけどね。悪策は、それを快く思わない倫理観のある

少数の人たちからリークされるものだ。

その情報でわかったことは、また、別の機会に書くことにして、もともとやりたかったリストラ

断念して、もっと消極的自発的リストラ施策を打ち出してきた。

いろいろな事情でついてこれない人は、自発的退職するしかないなら、まあまあ良く考えたねと

いいたいことろだけど、昔からやってるやりかただから、感心はしないけど。

私が受講したリストラ研修後に、いよいよ本格的な面談が始まるわけだが、

まずは、候補者リストアップするところから始まる。

人事が、一人ひとりの詳細な過去データリスト各部に配ってくる。

そのリストには、いろいろ書いてあるが、ポイントは、年齢、過去評価

これをベースに、順位をつける。

また、人事から(正確には社長、および経営陣だけど)目標とする人員削減比率

提示される。ここまで書けば、想像通り、あとは、下から何人選べばいいのかという

事務作業だ。

何度も言うが、リストラ意味もわからず、人員削減ありきの経営施策は、レベルとしては

3流の経営者。伊○○と同じコースを歩むことになることぐらい、預言者でなくてもわかる。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん