2017-07-19

俺が人権尊重差別反対を強硬に訴える理由

俺は増田ブクマもちろん実名SNSでも人権差別に関わる問題には積極的言及するように心がけてる。これは善良な精神を持った人間なら当然のことだ。最近であれば、国籍の開示を要求することがいか差別助長するかをなんども言及してきた。

なぜそこまで強硬に訴えるかというと理由は単純で気持ちいからだ。正しいことを主張するというのは気持ち良いものだ。そして、それにスターがついたいいねがついたりすればなおさら。だから、お前らもわざわざ一言残して行くんだと思う。

さら正義の名の下に徹底的に殴れるというのが爽快だ。人権侵害者、差別主義者など殴られてしかるべき人間ネット上に腐る程いるのは知っての通りだ。これはネット上のもぐら叩きゲームでもある。爽快、痛快。

やめられない。とまらない。かっぱえびせんだ。

それだけじゃない。特に理屈必要ないというのも簡単で良い。普通は、正しいことを言おうと思ったら徹底的な理論武装必要になってくる。しかし、人権差別問題に関してはそれはもう世界的なお墨付きがついてる。なにも自分で考えるところはない。仮に足りない部分があっても、勝手インテリ層が補完してくれるからそれをなぞるだけで良い。自分インテリと同じ気分が味わえる。最高かよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん