2017-03-11

デート焼き鳥屋ばかりで辛い

27歳、リーマン男。

付き合ってもうすぐ1年の彼女がいる。

顔はそこそこかわいく、友人に紹介すると俺にはもったいないと言われるほどの良い彼女だ。

しかし、どうしても我慢ならないことがある。

デートがいつも「焼き鳥屋なのだ

一度、焼き鳥屋以外に行きたいと彼女に言ったことがある。

彼女いわく、ひとりでは入りにくい。女子会では小洒落カフェイタリアンばかりで焼き鳥屋提案しにくい。彼氏(俺)なら気をつかわないし週一の楽しみだからなのだそうだ。

だってたまには可愛い彼女と小洒落カフェイタリアンに行きたい。

一度「俺が支払うから」と言ってフレンチに連れて行ったことがある。ディナーはすべてコース料理の店だった。

会計を終えたあと、彼女からお礼を言われたが、どうにもいつもの焼き鳥屋を出た後よりもテンションが低めだった。何か気に入らなかったか尋ねると、そうじゃない、料理は美味しかったしいつもと違った雰囲気で楽しかった、とかぶりをふる。

しかし、どうしても気になった。食い下がって聞いてみると、

背筋を伸ばしながらフォークナイフを使ってお上品に食べたり、ワインテイスティングをしたり、小声で会話をしたり、といったことに疲れてしまったという。

しかに、焼き鳥屋のように気負わずゲラゲラと笑っていい雰囲気ではない。いつもと違う雰囲気を、と思って張り切ったのが裏目に出てしまたか反省した。

そうしてずるずると焼き鳥屋開拓する日々が続いていたが、もう限界だ。

ゲン軟骨も、ぼんじりも、ふりそでも、ねぎまも、もう飽きた。

食感が違うだけで同じ味に感じてしまう。

焼き鳥屋以外で食事をしたい。

ついでにいうと去年のクリスマスだって焼き鳥屋だった。

クリスマスなんだからもっと良いお店にしてもいいんじゃないか」と言っても

「なんで?クリスマスチキン食べるじゃん。七面鳥も鶏も一緒だよ」だそうだ。

一緒じゃねーよ、ちきしょう。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170311181302

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん