2017-02-23

奥さんの入院保証人

 うちの奥さんがガンの手術をすることになった。

 入院準備やら書類やら揃えていく途中で、入院の「保証人」のところでつまづいてしまった。奥さんの実母にお願いできると思っていたんだけど断られちゃったんだよね。これはその顛末

 まず電話保証人の件で訪問したい旨を伝えたんだよ。そしたら疲れてるだの、寒いだのとぐずぐず言いだした。とりあえず「では日を改めて」ということでその場は一旦電話を切った。そして後日、訪問日を決めるためにまた電話をした。そしたらまたぐずぐず言いだしたんで、早々に通話も切り上げたんだよ。それから1時間くらいして、義姉から電話が入った。クレーム電話よ。いわく、「1日のリズムを崩して欲しくない」んだと...

 あのさあ、あんたの娘だろ。あんたの娘がこれから生きるか死ぬかって手術を受けようって話だよ。あんたの娘の入院自分生活リズムとどっちが大事なの。義姉も義姉だよ、なんで「私が...」って話にならないんだよ。前から思ってたけど、お前んちそーとーおかしいぞ。

 この話は奥さんには言ってない。言う必要もないと思う。だけどひとりで抱えるにはハードすぎるのでここで言わせてくれ。くたばれBBA! くたばれ保証人制度

✳︎ ✳︎ ✳︎

 ぼく自身身内が頼れない身の上なので、ネットでいろいろぐぐって、入院保証人代行とか調べてみた。すっげえ高いの。5マンとか10マンとかザラよ、足元みてんなー。入院前の検査入院(日帰り)でも同じだけの金額かかるのよ。貧乏人は病院死ねないなあ... とおもたよ。

 いろいろ調べた後に意を決して、入院予定の病院事情説明してみた。そして勤め先の連絡先を知らせることで、ぼく自身保証人にしてよいという許可を得た。ありがとうございますフリーランスでなくてよかった、リーマン万歳

 これから時代おひとりさまが増えて、自分入院とかどうすればいいのか? ほんと、運動睡眠瞑想野菜で少しでも健康でいることだよ。コレ、お前らのことだぞ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん