2016-07-11

三宅洋平が25万票も獲得したのは珍事件である

 この際だから三宅洋平が25万票も獲得したのは珍事件であるとはっきり申し上げておきたい。

 はてなブクマ界隈で言われる陰謀論とか数え役満とかはひとまず脇に置いといて、まずは彼が投票行動を地道に喚起したことは評価するべき点のひとつである。だから今回、初めて選挙投票し、しかも彼に投票した有権者については何も言うまい

 そのうえで、愛でもって世界ユナイトしようぜヤーマン、といったポエムのような演説に聞き惚れた人が、SNSで愛の告白を垂れ流し、SNS上のノイズとなり果ててしまっている姿を見るのがいたたまれず、個人的には選挙期間中はろくすっぽFacebookTwitterを見ることはなかった。そこには皮肉ユーモアもなく、とんちレスを返そうとしてもまるで笑えない代物になってしまうので、レスも躊躇してしまうほど、連中はマジメになってやがる。

 クソだなおい、という先入観はまあ俺の感想から置いとこう。ただ、愛でもって世界ユナイトしようぜヤーマンという甘い言葉理想現実政治できるのか、という問いには彼らは一切応えたがらない。トロけるような三宅洋平演説(これはこれで芸としてスゴいと思う)を聞いた気分のまま、同じ夢、同じ理想を描く物語の上に自分を置いている。夢遊病者みたいなものだ。

 それはアカンことやで、政治ってのはバランスやで、と言わなければならないが、そいつ物語の中に置いている自分が好きだから、そこは耳を塞ぐ。それだけ現実政治ってのが耳を塞ぎたくなる目を覆いたくなるテイタラだってのはそりゃその通りだが、しかし「お前の一票で世界を変える」という言葉強靭で、ロマンに溢れすぎてる。目覚ませよ、頭冷やせよ。そんなんだから陰謀論に取り憑かれるんだぜヤーマン

 振り返ると、今回もっともラジカルだったのは「支持政党なし」だった。制度の穴をハックしてそれを実行に移したのはすごい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん