2014-05-03

それほど仲良くない女性を確実に食事に誘う方法

恋人がいない歴が長い人は、そもそも女性と食事に行く機会が少ないんじゃないか。食事、特に夕食というのは恋愛関係に進む上でほぼ確実に必要プロセスだと思う。自分もそれほどコミュニケーション能力は高い方ではないけど、でもそれなりに女性といい関係になることはできたので、ここではその導入部分、食事にどのように誘うかについて自分経験からみんなに還元できる部分を書きたい。


宝くじ当たっちゃって、お金が余ってるからキミにおごりたいんだ

宝くじに当たったといえば、大抵の女の子は興味を持ってくれる。「他の人にはナイショだよ」という台詞も忘れずに。誘う店はコースじゃなく単品のところが良い。半分くらい食べたところで、「実は当選額は1000円なんだ」って言う。そうすると、女性爆笑したあと「わたしとそんなにご飯食べたかったんだ♪」ってなるから、いい感じの雰囲気にもっていける。

宝くじに限らず、こういう自分女性を誘うとき常套句を作っておくと、それがいつのまにか周りの女性に広まるから便利。こっちが誘うと向こうもわかってくれるので、脈アリな場合結構すぐ親密になれると思う。

・あえてファミレス回転寿司などを選ぶ

やはり女性最初から高い店に行くと身構えてしまう。なので、最初大衆的で、周りに人が多い店がいいと思う。回転寿司は上で挙げた単品の店ということにもなるし、カウンターだと直接向き合わなくて難易度が低くていいと思う。テーブルの上についている頼む機械は、店によって仕様が異なるので事前に下調べしたほうがいいかも。

・同僚の女性がよく会社帰りによる店を調べ、偶然を装う

これはあとあと誘いやすくなるし有効。その女性が入った5分後くらいに店に入る。そして、「おっ偶然だね」って感じで挨拶したあと、急に思い出したように仕事の話を始めると隣りに座れるチャンス。隣に座ったあとは徐々に職場愚痴なんかに会話をシフトさせていくといいかな。それで、次の日から今日もあの店行こ!」って誘う。あまり高くない店だろうし、普段遣いに便利になると思う。

女性の家からなるべく遠い店に誘う

これはとっておきの店じゃないと無理だけど、誘えたら終電逃させられるからかなり可能性高くなる。ハイリスクハイリターン。海鮮料理がいいかな。海のそばとかじゃないと食べられないものちょっと遠いけど、都心から普通に行ける距離のところだと千葉神奈川三浦半島とか。これぐらいの田舎は距離的にはそれほど遠く見えなくても交通の便が悪いからね。

懸賞で高級な牛肉が当たったから、皆で自宅でパーティーしようと誘う。

牛肉自分で買う。それで、男女4人くらいを誘うことにする。でも実際に誘うのは男一人とお目当ての女性。さすがに2人だけだとむこうも断ると思うが、3人だと大丈夫だと思う。それで男には先にお金を渡して口裏を合わせておいて、幼児ができたといって肉を焼いている途中で帰ってもらう。あと女性と二人になるから、かなり深い関係になれると思う。


自分はこんな感じでアプローチして、一緒に食事をとった女性の1割くらいとは寝ることができた。一人の女性を想い続けるよりも、いろんな女性アプローチする中で自分恋愛に対するスタンスを築いていくのが一番てっとりばやいと思う。自分は、女性は多少強引に誘えば一緒に食事してくれるということを学んだ。まあ食事だけでも楽しいし、あまり女性経験が少ない人は気軽に女性に声をかけるところから始めるといいと思うよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140503235533

記事への反応(ブックマークコメント)