2019-06-26

もうすぐ夏がくる

小学生の頃の思い出です。夏休み中、私の家にやってきてずっと過ごす、親戚のお姉さんがいました。痩せ型で強い目を持つかっこいいお姉さんでした。中学生だと言うのに、家の裏でこっそりタバコをふかしていて「おじさんおばさんには言っちゃだめだよ」と私にもタバコを咥えさせて共犯にしたり、一緒にお風呂に入って「女の子なんだからちゃんと髪を綺麗にしなきゃだめだよ」とコンディショナーの使い方なんかを教えてくれました。優しいお姉ちゃんだったんです。あんなにドキドキすることは未だに無いくらい大好きでした。

そんなお姉ちゃん父子家庭で、大変だろうから夏休みの間はうちで預かっていたんですね。彼女のお母さんが早くに病死して、親戚一同結構心配してたようなんですがみんなでなんとなくの援助しながらをつづけてたんです。

そして本当に急なことでした。彼女のお父さんが事故で亡くなってしまいました。彼女高校卒業したあと近所の農協事務仕事を始めたというタイミングだったそうです。葬式ときわんわん号泣している彼女は今でも忘れられません。喪主もつとめられる状態ではなかったのですがなんとか周りも手伝って葬式は一通り終わったんです。

その数ヶ月後、彼女農薬を飲んで自殺してしまいました。

妊娠していたそうです。

夏休み、どうして私の家でずっと過ごしていたのか当時はわからなかったんですが、

彼女父親が娘を抱いているという話を親戚の集まりでおっぱじめた事があって、真偽はともかくちょっと距離取らせようと夏休みホームステイ計画され、彼女のお父さんと親戚での話し合いが有り、そんなわけ無いでしょうで解決って事になってたみたいなんですよね。

そうじゃなかったんですね。親戚一同もう口を閉ざしています

の子妊娠していたのか。父娘の関係はわからないまま。

もやもやしたまま、私は、もう何度目かの彼女を思い出す夏を迎えます

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん