2018-10-04

コンニャク製法特に不思議ではない

(毒性のある)球茎を粉状にして水とともにこねたあと石灰乳、炭酸ソーダ水溶液、または草木の灰を水に溶いたものを混ぜて煮沸して固める。

これをひとかたまりに考えるから不思議に思うだけで、

「毒性のある球茎(コンニャクイモ)を食べる」

「球茎を潰して灰汁で煮る」

「球茎を乾燥させて粉状にする」

を別々に考えれば良い。

コンニャクイモには毒があり、そのままでは食べられない。

なぜ毒性のあるものをわざわざ食べるのか?

毒性があるぶん他の動物に食べられづらいからだ。

コンニャクイモは畑を荒らすイノシシでも食べないという。

コンニャクイモ以外でも、飢饉とき野草の根だとかを三日三晩も煮込んで食べたなどという話は多くある。

コンニャクイモを毒抜きするためには灰汁で煮込むことになる。

灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと。この灰汁を使って食品自体もつ強くてクセのある味を処理した

灰汁(灰の上澄み液)を用いる方法ワラビゼンマイなどのアク抜きに用いられる。灰汁(灰の上澄み液)はアルカリ性であり植物の繊維を軟化させる性質もつことを利用し浸したり茹でたりすることでアクが溶け出すことを容易にする。

灰汁で煮るということ自体は、決して特殊調理法ではない。

コンニャクイモを細かく割って灰汁で煮込むということは中国大陸で古くから行われていたという。

http://square.umin.ac.jp/mayanagi/students/01/01komatsu.html

独特の食感となることで、コンニャクは他の食材とは別に珍味」としての地位も手に入れた。

リンク先によると薬としても食べられていたようだ。

かの有名な中島藤右衛門が「粉こんにゃく製法発明するのはその1000年後である

収穫した生芋は重量もあり,腐敗・凍結しやすかった。藤右衛門は安永5(1776)年ごろ,生芋を輪切りにし,自然乾燥ののち粉にすることを考案した。これによって長期保存や軽量化可能となり,販路が拡大し,水戸藩特産物となる。

これも長らくアイディアが出てこなかっただけで、

「すぐに腐るものを保存するために乾燥させる」という発想そのものはごく自然なように思われる。

このように製法を分解していけば、一つ一つは自然な流れであり、それも1000年以上かけて少しずつ改良されてきたことがわかるだろう。

anond:20181003175550

記事への反応 -
  • 人類で一番最初にこれ食おうって思ったやつはなに考えてたんだろう。 ウニ・クリ あれの中身が食えるってなんで思った? フグ 誰か食ったやつが死んだら普通もう食うのやめない...

    • (毒性のある)球茎を粉状にして水とともにこねたあと石灰乳、炭酸ソーダ水溶液、または草木の灰を水に溶いたものを混ぜて煮沸して固める。 これをひとかたまりに考えるから不思...

      • コンニャクイモを細かく割って灰汁で煮込むということは中国大陸で古くから行われていたという。 みんなが知りたいのは、中国から伝来したことじゃなくて、 最初にそれを思いつ...

        • コンニャク芋に限らず、植物を灰汁で煮込むのは普通の調理法だと書いてあるだろ。 灰そのものの利用について言えば普通にWikipediaでも見ればいい。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%B0 灰は...

    • ほや 納豆 蛆入りチーズ バロット

    • ウニ・クリ あれの中身が食えるってなんで思った? なんで思わないんだ? 海苔 食うまでに手間かかりすぎだろどうやって思いついたんだ。 製紙法だろ。 牛乳 なぜ飲もうと...

      • ウニ・クリ 剥くまでに手が血だらけになるじゃん? 実際アラスカではうにたくさん取れるけど生臭いから捨ててるよ。 牛 蹴られて死ぬリスクを取っても、飲もうとしたんだろうなあ ...

      • めっちゃ得意げですごいほほえましい

    • キノコはマジで意味わからないな 大して栄養もないのに、どんな情熱で毒の有無を確かめたんだよ

      • 実際有史以来何人も死人でて、ああこれは食える、これは食えないってわかってきたんだろうか。 それよりフグだよ。普通食って死ぬってわかったら食うの止めない?

    • これだから都会っ子は… 山に行くとイガイガが割れて実が露出した栗が自然に落ちてんの! ウニはひょっとしたら栗の経験から中身を割ってみたのかもな

    • こんにゃくやろなぁ・・・。 クリだのウニだのは、別の生物(と言っても昆虫とかではなく、最低限脊椎動物)が食ってるのを見る機会があるはず。

    • 人乳はクソ不味いだろ

    • ワラビ。 灰汁抜きしないと中毒になるヤバイやつ。

    • こういう「最初に食った奴の気持ちを知りたい」的なネタを見るたびに思う。 「腹が減ってほかに食えるものがなかったからだよ。」

      • フグしか食うものが無い状況とかよくあるよな

        • あるある! 私はえびがダメなんだけど仕事で魚介類のお店につれてかれたら「私、伊勢海老なら食べられます」って言っちゃう!

    • タンパク質発酵食品や魚介類は多量に含まれるアミノ酸がうまいからだ。ウニやフグや、納豆やシュールストレミングやらがこれだ。 海苔は保存して運搬できるようにするのに手間がか...

    • 身近なとこだと、ごぼうとか。 ただの根っこやん、て感じ。 ごぼ天好きだけど。

    • 日本人は海藻をたくさん食べるからヨード耐性を身に付けた。サルはコメを生で食べるが人間は米を生で食べると下痢をする。ワサビやトウガラシの辛みは食べられないための毒なのに...

    • 元増田のは飽食の現代人の発想 海苔の手間暇は収穫のない時期に食べるために保存食化したと考えれば何の不思議もない

    • 台風の日に煙草切らすと、部屋中ひっくり返して煙草探したりするし 給料日前に生活費切らすと棚全部あけてカップ麺探したりするだろ 人間はそうやって生きてきたんだ 他の魚食...

    • じっさい外国の人は海苔に拒絶反応あるらしいね、あんな黒い紙が食えるかと。 シャリを外に・海苔を中に配置したカリフォルニアロールはそういう事情で発案されたらしい。

    • こんにゃくは何故食おうと思った?っていうよりどうやってあの加工法を編み出したのかが気になる。 灰とか普通混ぜへんやろ

      • 俺の考えではこんにゃくの起源には朝鮮人が関わってるのではないかと思う 彼の国には「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる」という諺があるんだけど実際にやってみたらこんにゃ...

        • 食用としては、中国で唐代(BC700年頃)こんにゃく芋を灰汁で煮て食べた記録があり、 さらに四川省、湖北省等で栽培されていた記録がありますので 中国人かもよ。

    • というのは自然なことのように思えるが、ふぐ食ったら人が死んだけどどこまでなら食えるかチキンレース始める民族とどこで差が付いたのか anond:20181003175550

    • なまこ

    • 3日何も食べず、それから考えろや、ボゲェ!

      • お前は3日ぐらい食わなかったことがあるんだな? 俺はあるが別に毒魚を食いたいとは思わんぞ。何日でも一緒だ。

        • 実際には「部分的に毒がある魚」でしかないからなあ

          • 問題は3日間食わなかったことを理由に「部分的に毒がある魚」を食うことに興味を持つものかどうかだ。結論としては持たない。

    • キノコの味がわからんとは。 フグはまず身を食ったんじゃ?そのうちしびれた。でもうまい。それでたまに死ぬ。

    • なまこだな

    • ホヤ 独特の金属臭というか、血液やサビのような苦いニオイがする、口に入れても軽油拭いたスポンジみたいだ。 ヌタウナギやワラスボやエイの干物 腐らせずにつくるの超絶面倒だ...

    • こんにゃく あれだけ労力をかけて作ってもカロリーゼロ。食感と風味だけを楽しむ食べ物。

    • シュールストレミングとかなんでまだサヴァイブしてんだあんな危険なもん。

    • 土。 未だになんで食べてるのかすら理解できん

      • 喰える土って、それ餓えてるときに発見したとかそういうやつじゃなかった? まあ一応、TVでどっかの農家の人が「土壌の状態を見るときにこういうふうに土を舐める」ってやってたし...

      • 土って何なんだろう

        • 「食える土」と言えば、ひょっとして「テングノムギメシ」のことかね。

    • 酒。腐ったモノからできる、強烈な味、飲むと前後不覚になる 完全に毒やろこれ

    • ウニ栗は明らかに中身の大事な部分を守るためにああなってるんだから食えないわけがないとむしろそう考えるだろ

    • マジレスすると珍味系はある程度文明が発達してから 貴人への献上品としてとにかく貴重で斬新なものを、と苦心して編み出されたものが結構ある こんにゃくとか

    • ウンコな。あれは最初食うとき勇気いったわ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん