2018-02-22

anond:20180222142813

精子の性能と、精子もつゲノムの関連性は明らかでない。精原細胞細胞質を共有していること、さらヒストンがプロタミンに置換されることで新規遺伝子発現は高度に抑制されることから運動性の高い精子から優秀な個体が生まれるという仮説には疑問の余地がある。ついでにいうなら、精子もつ遺伝情報個体構成するには不十分であるということも、この論を否定する材料になるだろう。また、受精プロセスにおいて、必要精子は一つではない。卵丘細胞-卵子複合体を突破して透明帯に到達するには、少なくとも1000個の精子必要であると考えられている。受精競争社会での競争比較するアナロジー個人的には嫌いではないが、その本質競争というよりはむしろ協力といえる。結論として、増田が優れた精子からまれたという主張が仮に真実であったとしても、だから水泳が得意だというのはおごりでしかない。優れた競泳選手競争の中で成長できることを知っているか謙虚ものだ。北島康介選手名言を紹介しておく。

 

気持ちいい!超気持ちいい!2004年アテネオリンピックにて

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん