2017-09-20

男女平等を実現する為に必要なのはハードの改良ではないか

やれ女性差別だ、いや男性差別だって話題はてなでは連日のように盛り上がってる

そのブコメのやり取り見ながら、なるほど色んな考え方があるもんだなぁって思ってたんだけど、ふと思った

男女格差問題って人間の肉体的な、つまりハード面の格差に引き摺られてる面が大きいんじゃないかって

何をいまさらって人も多いだろうし、確かに当たり前の事ではあるんだけど忘れちゃいけない事だとも思うんだよ

で、こういうハード面の格差を克服できたら男女間のいろいろな問題って解決ちゃうんじゃなかろうか

極端な話、人類を全部サイボーグ化してその日の気分で性別を入れ替えられる様な世界なら生まれ持った性別による意識の差ってなくなっちゃうと思うんだよ

さすがに人類全部をサイボーグ化するのは無理だし、可能でもディストピア要素が強すぎるとは思うけど男女格差の解消って究極的にはこれだと思う

例えば筋力の差を普段着ている服がパワードスーツ化する事で男女間の筋力差が誤差の範囲になるようにしたり

男女間の思考共感力の差をサポートAI支援で補う事で同質に近づけたり

VRを用いて性別を入れ替える体験を得られる機会を増やしたり

人工子宮技術を発展させて出産性差を無くしたり

俺の脳みそだとこういうのしか思いつかないけど他にも色々アプローチの仕方はあると思う

肉体的な差が小さくなれば男女間の意識の差も小さくなる

そうなれば互いの事を理解やす共感も得られ易くなると思う

それはそれで新しい問題を生み出しそうな気はするけど、とりあえず男女平等という点ではかなり前進するんじゃないか

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん