2015-09-17

余命一週間

間に合わなかったなぁと、後悔ではないけれど少しだけもどかしい気持ちを抱えているので少しだけ吐き出させてほしい。

おとうさんも、おじいちゃんも、おじいちゃんのおとうさんも、医者をしている。

さな町田舎の小さな開業医だ。おやつは花の蜜だったり、家の鍵なんて閉めたことのない、そんなレベル田舎で生まれ育った。おとうさんは今は隣県の大きな病院で働いているので事実うちの病院の、うちの集落の、お医者さんはおじいちゃんただひとりだった。

年寄りばっかの田舎では病院は集会所になっていて、毎日毎日誰かしら古い待合室の茶色ソファーに座っていた。お向かいのおばあちゃんだったり、三軒隣のキャベツ畑のおじいちゃんだったり。おじいちゃん大変じゃないの?と聞くと大変だなぁと聴診器をいじりながら目を細めて笑うから、そっかアキちゃん(私のこと)が手伝うからねって、そうやって診察室のベッドでくまのプーさんを抱っこしながらゆっくり過ごす幼少期だった。

から高校は隣県の県庁所在地にある学校下宿しながら通ったし、大学東京にきた。迷路みたいなメトロ攻略して医学生として日々を過ごしている。難関とは言われる大学合格して、合格証書を持って家に帰っておじいちゃんに見せたら、アキちゃんはやっぱり凄いって褒めてくれて、これ使いなさいって、おじいちゃんの聴診器病院の受付においてあるプーさんに掛けてくれた。

そんなおじいちゃんが認知症になった。

私を見てアキちゃんとは呼んでくれなくなったしよく転ぶようにもなった。うまく歩けないから寝込むようにもなったしみるみる目に見えるように衰弱していった。先日、突然実家から呼ばれたので帰宅するとおじいちゃんの身体は真っ黄色だった。黄疸。数値は19。

隣県の大きな病院に移せば、告げられたのは余命一週間。

余命一週間。


おじいちゃん、私まだ研修医にもなれてないよ。もうちょっと、まってよおじいちゃん。

アキちゃんが手伝うって言ったじゃん。アキちゃんがうちの病院でお医者さんやるからねって。

だけど、黄色くなって、鼻に酸素チューブと左腕に点滴が絡みついたおじいちゃんをみて、大好きだよ。しか言えなかった。もっと言いたいことあるのに。ねぇおじいちゃん。わたしおじいちゃんみたいに町の人から頼りにされるお医者さんなんかなれないよ。わたし、おじいちゃんみたいになんでも知ってる素敵な大人にはなれないよ。ねぇおじいちゃん、おじいちゃんみたいに空を見ながら、明日は雨だからちゃんと雨戸も閉めとよなんてわからないよ。

ねぇ、おじいちゃん

プーさんが首から下げてる聴診器、わたしも直接おじいちゃんから下げて欲しかったなぁ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん