2015-07-18

亀梨和也を取り巻く全てのものを愛してえ

亀梨和也を取り巻く全てのものを愛してえ。できねえけど愛してえ。愛するまではいかなくとも、受け入れていたい。

彼の周りのメンバータレントスタッフ関係者はもちろん、ファンも盲目モンペアンチも心ない言葉を浴びせる一般人もだ。

アイドルというもの(アイドルの全てを知るわけではないのでここでは亀梨和也限定したい)のべ何億ものひと目にさらされ、知る人見知らぬ人の数千億の言霊を受けて今を構築していく生き物なのだと思っている。

テレビをつけていてなんとなく見ていた人がなんとなく放つ褒め言葉も、第一印象だけで放つ揶揄言葉も、誰かが放った何気ない言葉に過敏に反応して亀梨くんを守りたくて怒るモンペも、何かがイヤで亀梨くんのアンチとして批判を続ける人も、世の中にあふれる全ての言葉亀梨和也イメージ世界をつくるのだ。

数えきれないほど沢山の他人の目と言葉の上に亀梨和也存在しているわけで、否定的意見肯定的意見も彼をつくりあげる要素になると思うと、その世の中の流れをすべて受け入れて、その中で生きていく亀梨和也を見ていたいと最近思う。

という風に思い始めたのも、2014年KAT-TUNツアーcomeHereに参加したことがきっかけのひとつになっていると思う。

comeHereコンサート亀梨くんのソロの開始時、無音のステージに静かに登場する。その際、高ぶった一部のファンが「かめ!」と声を上げる。静かな会場に響く声はとても目立つし、実際それについて批判する人も沢山いた。

悲鳴をあげさせるのも、それを亀梨和也世界が崩れる、不愉快だ、と怒りを示す人が現れるのも、亀梨和也を原因としたエネルギーだ。そのエネルギーの中で彼はシンプルストレート亀梨和也表現した。洗練されていて、人の手垢にまみれていて、でも揺るぎがなくて、どこか切なくて美しく、あまりにも生きる人間だった。鮮烈だった。そしてそれをつくったのは彼ひとりではなく、彼の周囲を渦巻くすべてのものなんだろうと感じた。あのステージはファンのそういったエネルギーを含めてできる亀梨和也世界に思えた。

ジャニオタはファン同士の論争がよく起こるように思う。それがストレスと感じることも多いのだが、全ては「タレントが好きすぎるため」起こるもので、そのエネルギーアイドルが輝く要素の一つに少なからずなっているんだろうなと思うと、少し穏やかになれる気がした。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20150718000817

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん