2015-03-15

火鍋の旨さとその代償

火鍋(ひなべ、フゥオグゥオ)という食べ物がある。モンゴル起源という説があるが、今では中国大陸で広く食べられているそうだ。中華風のしゃぶしゃぶと言ってよいだろうか。

東京でも最近はおいしい火鍋が食べられるようになってきたのはうれしいことだ。

とくに、鉄の鍋を二つに区切って、まろやかな白湯パイタン)といかにも辛そうな赤い麻辣(マーラー)という二種類のスープの中に、肉をはじめとした雑多な具材をつぎつぎにひたして食べていくのはたまらない(私はラム肉ときのこが好きだ)。

スープにはナツメ枸杞クコ)の実など、中華料理特有漢方食材がふんだんに入っていて、さながら薬膳料理といった具合だ。

麻辣のスープには唐辛子が無数にそのまま放り込んであり、煮詰めて時間が経つにつれてほとんど凶暴な辛さになってくる。まるでラー油を沸かしながらしゃぶしゃぶをやっているようなものだ。

食べるほうも食べるほうで、だんだんと舌が辛さになれてくるものから、旨い辛さを口全体で感じながら、ともかくも食べ続けてしまうのだ。

辛くて喉が渇くものからビール紹興酒もどんどん進む。

辛い+鍋+肉という組み合わせは、会話を盛り上げるのに格好のセッティングだ。だから調子に乗って、話しながらどんどん食べ続け、飲み続けることになる。

こうした不摂生の罰が当たったと気づくのは翌日のことだ。

から腹が重い。食欲がない。

熱い油にまみれた唐辛子アルコールで、胃の内側がさんざん焼けただれているに違いない。

とりわけ食い意地を抑制しなかった前非を悔いるのは、便意を感じてから後のことだ。

出てくるものは、普段よりも軟らかい便だ。

便が出た瞬間に、「ああっ」と切ない悲鳴を上げてはいけない。

火鍋の翌日のうんこは、肛門を電気的な痛みで苛む。

出てきた便で肛門が裂けたのではない。通り過ぎた便にまだ含まれている刺激物に反応して、粘膜がひりひりと痛みを伝えてくるのだ。

勢い余って大量に摂取した刺激物は、胃や腸管を通り過ぎて、肛門へ内側から接触するときになっても、まだ消化されず、身体の内側からダメージを与え続けていたことに気づく。

そのとき、前日に友人同僚と怪気炎を上げていたあなたは、肛門を犯されたばかりの童貞処女のように、うなだれて便器に腰掛けたまま、痛みをこらえているに違いない。

そのような体験をした後、火鍋を二度と喰うまいと誓って、火鍋屋へ近寄らずに生きていける人は、幸せだ。

そうでない多くの人は、かつて感じた辛さと旨みを思い出し、翌日に襲ってきた肛門の痛みのことはすっかりと忘れて、また火鍋屋へ向かうことになるだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん