2014-05-23

恋人と長く付き合うための7つの

自分女性と付き合ってすぐに別れたことがない。高校で付き合っていた女の子とは、大学遠距離になるまで2年以上付き合った。大学2回生の時に付き合った子とは、4年弱も付き合った。将来のことで意見が食い違い別れてしまったが。そして、今付き合っている人とは4年と4ヶ月目だ。自慢ではないがもう将来の話もしている。

そこで、長く付き合うコツは何か考えてみた。

•異性との交友は基本的に事前報告、ムリでも事後報告する

女の子とご飯を食べにいく場合など、彼女に事前に言ってOKをもらってた。たまたま会って、ちょっとカフェで話すぐらいの時も、その場で連絡する。また、行く時よりも帰る時の連絡が大事。「もう食べ終わって、これから家に帰るよ」みたいなことを連絡すると、むこうも安心するから同棲してなくてもね。まあ異性と二人きりって状況をあまり作らないのが一番だけどね。

•お互い本気にならない怒り方を身につける

長く付き合うためには怒らないんじゃなくて、本気にならない程度の怒り方を身につけることが重要だと思う。ちょっとイラっとしたことでも、付き合った当初は言わずに我慢して溜まってゆき、いつか爆発するってことになりがちだ。なのでお笑い芸人のキレ芸みたいに、コントロールした怒り方というか、空気を悪くしない怒り方をお互いに時間をかけて身につけていくべきだと思う。

•見返りを求める

恋愛は見返りを求めちゃいけないみたいな事言われてるけど、それは付き合う前。付き合った後は、お互いに同じくらい相手に貢献するべきだし、そこは厳しくやってきた。例えば、相手がご飯を作ってくれたら自分はお皿を洗うとかみたいに、何かしてもらったら自分もお返しをするし、自分が何かしたらお返しを求めることが長続きするコツだと思う。そういう価値観を持ってない人とは、こっちが飽きたらおしまいから

ありがとうとゴメンは徹底する

長いこと付き合うと、これを言うのがめんどくさくなっちゃうんだけど、見返りを求めるのと一緒で、自分が言って欲しい時になかったらその場で「謝って」とか「ありがとうは?」って指摘してた(もっと冗談っぽくだけど)。で、自分も相手から指摘されたら素直に謝ったり感謝したりする。どれぐらいで言うかのラインを、お互いに探って行って共有することが大切かな。

大事な話は電話メールでしない

自分メール電話言葉足らずになったことから誤解が生じて喧嘩するってパターンが多かったから、大事な話はなるべく会って話すことにしていた。それと、大事なことや謝らなきゃいけないことは、事前に相手に「話したいことがある」と言って相手に心の準備をさせるとお互い感情的にならずに話せるかな。

•思い出グッズは見えるところに置いておく

かいことだけど、デート旅行お土産なんかは残るものを買ってきて、部屋に飾っておくと喧嘩した時とかでも自分は謝るきっかけになったことがある。その時々の好き嫌いって気まぐれな感情よりも、誰かと長い時間を共有したってことの方が大切だと思うから

性的興奮ポイントをつくる

長く付き合っていると、あんまり相手に異性を感じなくなってしまう。裸にも慣れて、セックスマンネリ化しがちだ。そこで、相手本体とは別の興奮ポイントをつくることが大切だ。自分彼女の裸の写真を撮って、その画像を加工してイヤらしい台詞をつけて興奮してた。ドMなのとかドSなのとか、色んな台詞をつけるとフレッシュな気分で楽しめていいよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140523001338

記事への反応(ブックマークコメント)